今シーズンは、
過去、経験のないレベルの
暖冬・雪不足に見舞われている…

そんな中でのシーズンインとなったが、
そのとき、その時に応じ、いくつかのスキー場をセレクトし、比較的良い環境でのトレーニングはできたと思う。

今季は、基本練習を多く取り入れ、結果、
皆の意識が変わってきた気がしている。

「変」
今年の漢字一言で表した文字・・・

世間では、
あまり良い印象として受け止められていない文字。

でも、我ら選手たちには
「変」を求め、それが「カタチ(滑り)」に現れはじめている。

その「変」を求めたきた軌跡とは?
【11月】
 外足加重のためのポジションづくり
【12月前半】
 ターン弧のコントロール
 早朝・ナイタートレーニング
【現在・・・】
 ターン後半〜切り替え〜前半までのアプローチ

いずれも、
「足首曲げ、膝出し」
「外腰」
「上体の被せと尻落ちのない、腰高ポジション」
を共通の意識に置いてきた。

基本練習ばかりで、選手たちにはモヤモヤした状態かも知れないが・・・

でも、こう言う練習、
大人になってくると身体が素直に受け付けなくなるので、
今のうちに身に付けることを薦める。

雪が少ないこの時期だからこそ、
逆にこんな練習ができて「良かったな」って思うことが、
この後、きっと来ると思っている・・・。