ドミニク・パリスがイタリアのスピードチームを率いて2025年ワールドカップシーズンへ

2024/25シーズンのイタリア男子アルペンスキー代表チームがマッシモ・カルカによって正式に結成された。 ワールドカップスピードチームは引き続きロレンツォ・ガリがヘッドコーチとして監督しており、ドミニク・パリス、クリストフ・インナーホーファー、マッティア・カッセ、グリエルモ・ボスカ、ニコロ・モルテーニ、ピエトロ・ザッツィ、フロリアン・シーダー、そして前回ワールドカップで優勝した若いベンジャミン・ジャック・アリオドが含まれる。シーズン - デビューを果たした。 ヨーロピアンカップで素晴らしいパフォーマンスを見せたにもかかわらず、エマヌエーレ・ブッツィは今季どの代表チームにも所属しない。

シモーネ・デル・ディオとステファノ・コスタッツァが率いるワールドカップ回転チームでは、ステファノ・グロスに関して不確実性があったが、ワールドカップシーズンにはトレーニングに復帰する予定である。 チームにはアレックス・ヴィナッツァー、トンマソ・サラ、トビアス・カストルンガーが加わっている。 サイモン・マウルバーガーは回転と大回転の両チームから除外された。

ヘッドコーチのピーター・フィルが監督する大回転チームは、ルカ・デ・アリプランディーニ、フィリッポ・デッラ・ヴィーテ、ジョバンニ・ボルソッティ、ジョバンニ・フランゾーニ、ハネス・ツィンガーレ、そして印象的な昨シーズンを経て昇格したシモン・タラッチで構成されている。

ヨーロピアンカップエリアでは、アンドレア・トゥルダイウが技術分野のヘッドコーチとして働くことになる。 チームはジャンロレンツォ・ディ・パオロ、コラード・バルベーラ、マッテオ・ベンドッティ、アレッサンドロ・ピツィオ、ステファノ・ピッツァート、ダヴィデ・レオナルド・セッピ、トンマーゾ・サッカルディ、エドアルド・サラッコ、フランチェスコ・ズッキーニで構成されている。

アレクサンダー・プロシュコーチのスピードチームには、ジュニア世界チャンピオンのマックス・ペラトナー、前回のジュニア世界選手権のもう一人のスター、グレゴリオ・ベルナルディ、マルコ・アッブルッツェーゼ、マッテオ・フランツォーゾ、マクシミリアン・ランツィ、レオナルド・リガモンティが含まれている。




マウアベルガーを除く男子チームのコーチ陣はほとんど交代せず、タラッチが大回転チームに昇格

2024/25シーズンのアルペンスキー男子代表チームの構成が公式に発表された。スピードチームにはパリス、インナーホーファー、カッセ、ボスカ、モルテーニ、ザッツィ、シーダーら若手アリオドも含まれる。

マッシモ・カルカが技術的な方向性に関して指揮を執ることが確認されたので、本日ピラネージ経由で発表されたイタリア男子チームの構成を見てみましょう。

ワールドカップのスプリントグループには常にロレンツォ・ガッリが責任コーチとして就任し、ドミニク・パリス、クリストフ・インナーホーファー、フロリアン・シーダー、ピエトロ・ザッツィ、ニコロ・モルテーニ、マッティア・カッセ、グリエルモ・ボスカ、そして「成長したチーム」にデビューしたばかりの若きベンジャミン・ジャック・アリオドが就任する。 -ups」は昨シーズン、ヨーロッパカップで素晴らしい成績を収めたにもかかわらず、2024/25シーズンになってもどの代表チームにもエマヌエーレ・ブッツィが出場しないチームを結成することを目指した。

CdMの回転チームにはステファノ・コスタッツァとともにテクニカルガイドとしてシモーネ・デル・ディオが引き続き就任する予定だ。ステファノ・グロスに関してはいくつかの疑問もあったが、ファッサ出身の男は「10月から」チームに加わったことは、ちょっとした偶然のようなことだったちょうど昨日、正式に引退を発表したジュリアーノ・ラッツォーリに数年前。 「サボ」に関しては、アレックス・ビナッツァー、トンマーソ・サラ、トビアス・カストルンガーの獲得が確実視されており、同じく6つの要素を頼りにし、2年連続でピーター・フィルが監督を務める巨大グループからはシモン・マウルベルガーも除外されている。




2024/25シーズンの男子アルペンスキーチーム構成

2024/25シーズンの男子アルペンスキーチームの構成。 フラビオ・ローダ会長は、2024年5月21日火曜日、2024/25シーズンの男子アルペンスキーチームの構成を決議n.122として正式に発表した。

フラビオ・ロダ大統領は短いコメントを発表したいと考えていた。 「目標は2026年のオリンピック開催に向けられているとロダ氏は述べた。作業グループの合理化が行われたが、将来の基礎となる青少年の活動は無視されない。」

昨日、ジュリアーノ・ラッツォーリは競技レースからの引退を発表した。 「ジュリアーノは、運命づけられていなくてもオリンピックチャンピオンになれるという例だ――ローダ氏の続き――。 彼がチャンピオンになったのは、彼の長いキャリアに常に注いできた大きな決意と献身のおかげです。 連盟全体が彼のこれまでの功績と、彼が常に示してきた真剣さに感謝しています。 39 歳までアスリートであるということは、スキーに対して大きな情熱を持っていることを意味します。」