彼らは今も現役のワールドカップライダーの中で最年長です 😉



シーズンの終わりは、多くのアスリートにとって常に将来について考える時期です。 今年もまた、現役スキーをやめることを誓ったトップクラックが何人かいたが、おそらく永遠にスキーを続ける人もいるだろう。 ワールドカップの最古参選手10人をまとめました。

11. トーマス・タムラー/SUI (05.11.1989)
はい、私たちは最年長のアスリート 10 人を発表することを約束しましたが、次のアスリートは、なぜこのリストでトーマス タムラーを 11 番目に年長者にしたのかを説明します。 グラウビュンデン州出身の彼は、ワールドカップへの足がかりを得るには十分な年齢になる必要もあった。 彼はすでに2018年と2020年に2回表彰台に上がっていますが、当時はそれ以上に驚きでした。 しかし、昨シーズンの彼の表彰台フィニッシュは、ある意味当然の帰結だった。 彼は何度か僅差で表彰台を逃したが、最後のレースではそれが功を奏し、大回転でトップスタートグループに入ることができた。

10. マックス・フランツ/AUT (1989/09/01)
このオーストリア人は東の隣国からの 2 つの理由のうちの 1 つであり、トーマス タムラーもリストに加えた理由です。 前回のレースから2年以上が経ち、それ以来、彼は複雑な怪我からの復帰を目指して努力を続けている。 マックス・フランツをワールドカップで再び見ることができるかどうかは、かなり疑わしい。

9. ドミニク・パリ/ITA (1989/04/14)
ドミニク・パリスはタムラーやフランツより数か月年上です。 彼は何度か解雇されたが、それでも自分の実力を何度も示した。 度重なる成功のおかげで、彼は来シーズンも再びトップに立つはずだ。

8. トミー・フォード/アメリカ (1989/03/20)
35歳のアメリカ人は2019年にキャリアの頂点に達し、ビーバークリークでのホームレースでワールドカップ唯一の勝利を収めた。 2023年の世界選手権では団体戦で2度の表彰台と金メダルも獲得した。 彼はもはや以前の成功を完全に築くことはできませんが、それでも定期的にポイント圏内でフィニッシュしています。

7. ビクター・ムファット・ジャンデ/FRA (05.03.1989)
よく「シュノイザー」と呼ばれるこの犬は、長年にわたってワールドカップの選手団に欠かせない存在でした。 2009 年に初めてワールドカップのレースに出場し、それ以来数え切れないほどの表彰台を獲得し、自分自身をオリンピックの銅メダル獲得者と呼ぶこともできます。 彼はオリンピックを含むこれらの表彰台のほとんどをコンビで獲得したが、このコンビは現在は廃止されている。 2022年1月に足首を負傷したことも彼の最近の成績低下の原因となっているが、それでもポイント獲得にはよく出場している。

6. マルセル・ヒルシャー/AUT (02.03.1989)
このリストに彼が含まれていることも、何らかの形で私たちがタムラーを含めた原因となっています。 ヒルシャーがどのようにして足場を取り戻し、何を達成できるかを評価するのは非常に難しい。 それがマーケティング上のクーデターであろうと、実際にトップへの大幅な後退であろうと、彼は上級ランクに加わる必要があるだろう。

5. デイブ・ライディング/GBR (05.12.1989)
イギリス人は誇りを持って国を代表しており、実際にはまったく驚くべきことではないような驚きを常に引き起こすことができます。 レースごとに彼は英国スキーの歴史に新たな作品を書き加え、12月のマドンナ・ディ・カンピルジョのように再び表彰台に上がったり、キッツビュールでの勝利で史上最年長優勝スキーヤーの一人になったりすると、さらにその価値は高まる。 2022年に。

4. ステファノ・グロス/ITA (1986/09/04)
確かに、私たちが過去10年半ばから知っていたステファノ・グロスではもはやありません。 コロナ禍の年以来、彼は表彰台を繰り返すことができず、頂点に立つのに多くの困難を抱えていた。 唯一上向きの外れ値は、2023年初めのガルミッシュでの5位だ。

3. ロメド・バウマン/GER (1986/01/14)
現在ドイツ代表として先発出場しているオーストリア人選手にとって、今季は簡単なシーズンではなかった。 彼がポイントを獲得できたのはほんのわずかで、トップ10位は12月の9位だけだった。 しかし、ロメド・バウマンは他の現役ドライバーとは比べ物にならないほど長寿で、ワールドカップの歴代出場選手リストでは8位に入っている。 イビツァ・コステリッチに追いつくまであと1レース、ディディエ・クシュとは10レース差だ。

2. クリストフ・インナーホーファー/ITA (1984 年 12 月 17 日)
恐ろしいクラッシュからわずか2週間でスタート地点に戻り、週末の3つのスピードレースすべてでポイント圏内でフィニッシュすることができたとき、彼はウェンゲンで依然として最高の状態にあることを示した。 クリストフ・インナーホーファーはそのキャリアの中で、何度か表彰台と勝利を収めることができましたが、最後に表彰台に上がったのは少し前のことであり、過去7回の表彰台は常に2位でした。 彼はオリンピックでも 2 つのメダルを獲得し、ワールドカップのメダルをすべて国内で獲得しました。

1. エイドリアン・セオー/FRA (1984/09/18)
このフランス人選手は不滅の人物のようだ。 最近、彼がインスタグラムに感情的な投稿を公開したことで、ファンは心配したかもしれない。 しかし、これは彼の辞任ではなく、ブランドの変更に関するものでした。 しかし、彼のベストタイムも終わり、ワールドカップでの最後の表彰台は2016年1月15日でした。

数字の1が半分あります
理論的には、アレクサンダー・ホロシロフ(1984年2月16日)はさらに年上だろう。 しかし、ウクライナの戦況により、ロシア人はワールドカップのレースに参加することを許可されていない。 もし再びゴーサインが出たとしても、彼が再びワールドカップに出場できる状態にあるかどうかは疑問だ。