なんて奇妙なアイデアでしょう😳



Skinews.chが報じたように、金曜日のFIS大回転で不正行為がかなり奇妙な方法で行われた。 詐欺の被害者: Christof Innerhofer と Simon Maurberger。

ワールドカップの経験豊富なドライバーは、他のドライバーに貴重なFISポイントを獲得する機会を与えるために、FISレースでフルスロットルをしないことが一般的になっています。 マドンナ・ディ・カンピリオでは、クリストフ・インナーホーファーとシモン・マウルベルガーがFIS大回転でスタートし、1本目終了後に先頭に立った。 それから奇妙なことが始まりました。

どうやらイタリア人2人は2本目も参加するかどうか聞かれたようだ。 自分たち自身もFISポイントが必要になる可能性があるため、両者ともリクエストに「はい」と答えた。 その後、インナーホーファーとマウアベルガーのペースを落とすことを目的として、トップコンビの前でレースが中断された。

「それから、私とシモンの旅の前に、平地への入り口にあった門が1.5メートル外側に移動されました。」
クリストフ・インナーホーファー

レース陪審はこの事件に即座に反応した。 マドンナ・ディ・カンピリオの大回転ではFISポイントは授与されなかった。 違反者にさらなる影響が及ぶかどうかは現時点では不明だ。