「いずれにせよ、米国のすべての人種は団結すべきである」

アルペンスキーのワールドカップカレンダーについては議論すべきことがたくさんある。 移動距離を短くするためにノルウェーから往復するという提案もある。 これを行うには、不人気な決定を下す必要があります。 ドイツ人のマリア・ヘフル=リーシュ氏は最近、これについてコメントした。

多くのキャンセルにより、2023/24 年の冬季ワールドカップはさらに困難なものとなりました。単に人々が間違ったタイミングで間違った場所にいたというケースもありました。 少なくともノルウェーの提案が通るのであれば、FISは今後のワールドカップの日程を計画する際にこれに対抗すべきである。 移動ルートは短縮されるべきであり、レースは理想的な時間に適切な場所で開催されるべきであり、そして何よりもこれは持続可能性に有益であるべきです。 元ワールドカップ総合優勝者のマリア・ヘフル=リーシュ氏はメルクールに対し次のようにコメントした。

「はい、一部の移動を短縮または回避できるようにカレンダーを設計することは確かに理にかなっています。これは持続可能性に役立つだけでなく、再生時間とトレーニングの観点からアスリートの利益にもなります」チャンス。」
マリア・ヘフル=リーシュ

ノルウェー側の提案には北米での開幕戦が含まれており、これにより南米でのトレーニングキャンプからの帰国便が不要となる。 伝統的なゼルデンでのスタートは省略される。 ヘフル・リーシュは原則としてこの考えを支持し、次のように明確にしている。「いずれにせよ、時間変更や物資輸送などで長時間のフライトを2回行う必要がないように、米国のすべてのレースは接続されるべきである。シーズンの初めか終わりに。」 しかし、ガルミッシュ・パルテンキルヒェン出身の元スキーレーサーは、もう一つ付け加えています。 たとえレースカレンダーが再構築されたとしても、より良好で安全な雪の状態がどこで見つかるかは、依然として運の問題である。