スイスのエース、マルコ・オーデルマットは、クリスタルグローブ4冠(総合、大回転、スーパー大回転、滑降)でアルペンスキー史上最高のシーズンの1つを終え、2000/01年のヘルマン・マイヤー(AUT)以来、この偉業を達成した初の男性となった。 。

オーデルマットは25戦中13勝を挙げ、ワールドカップ史上最大のポイント差(2位のロイック・メイラールとの874ポイント)で3年連続の総合タイトルを獲得した。