興味深いスイス選手権 👀



ミシェル・ギジンは自主的に金メダルを取り消し、ロイク・メイラールは直立してゴールラインを通過:ゆっくり運転することで他の人を助けるが、複雑なポイント規定は不正行為を助長するものでもある。

それはスイス選手権であり、金がかかっている。 そして、これは次のとおりです。レンツァーハイデの回転 2 回目では、ミシェル ギシンが中間時点で 1 秒リードしており、楽勝のように見えましたが、ゴール 10 点手前で彼女は走るのをやめました。 エンゲルベルク出身の女性は、かなりスピードを落としましたが、実際、とても激しくスピードを落としました。 6位でも十分だよ。


その前に、大回転ではロイク・メイラールが優勝しましたが、終盤に両方の滑走でペースを落としたため、2位との差はわずか100分の47でした。 一般人はこう自問します。自分の中に何が入ったのでしょうか? 彼は勝ちたくなかったのでしょうか?

これらは奇妙な写真だが、協会の観点からすれば、ギシンとメイラールはすべて正しいことをしたと言える。 トップドライバーにとってタイトル争いは重要ではなく、若い同胞を助けるためにも参加するが、FISの複雑な規定がこれを招いている。

ダボス会議のスキャンダル
FIS ポイントはスイス選手権で授与され、レベルに関係なくスタート位置を決定します。 分野および年ごとに 2 つの結果が考慮され、値が低いほど優れています。

国内タイトル戦の勝者には 20 の FIS ポイントが与えられ、その後、ほとんど理解できない計算が始まります。次のランクのポイントは、参加者の質 (スターター上位 5 名が関係します)、決勝戦に進出するかどうかによって決まります。特に勝者とのタイム差により、トップ 10 などの順位が決まります。 大回転の経験則は次のとおりです: 1010: 勝ち時間 = 負けた時間ごとの追加料金。 ここまでは非常に複雑です。

ギジンとメイラールがブレーキをかけたのはそのためだが、スイス・スキーからの指示はなかったという。 ファンはからかわれ、イベントのスポーツ的価値はばかげたものに減じられた。 しかし、それどころか、禁じられたことは何も行われませんでした。 Swiss Ski の CEO、Walter Reusser 氏は次のように述べています。「もちろん、ドライバーがブレーキをかけるときは特別です。 しかし、スター選手が若い同僚の利益のために勝利を放棄するのは素晴らしいことだ。」

FISのレースには常に策略が絡んでいる。 2004年にダボスでスキャンダルが起きた。世界ランキングで上位に位置するアスリート、マーリーズ・オスターとコリーナ・グリューネンフェルダーが、その場にいなかったにも関わらずスタートリストに密かに名を連ねた。 彼らは敗退したものとしてランキングに登場しました。 ジュニアコーチは不正操作を認め、選手たちにルールの恩恵を受けてほしかったと述べた。 そして解雇されました。