パルパン/レンツァーハイデで開催されたスイス選手権では、2日目に天候による混乱が発生し、競技プログラムが大幅に変更された。 男子回転は1本目終了後に中止となったが、女子大回転の2本目は悪天候のため翌日に延期された。

男子回転では、1位スタートのマルク・ロシャ選手が印象的なパフォーマンスを見せて堅固な基盤を築き、ルカ・エルニ選手とマティアス・イテン選手が中間点で彼に最も近づいた。 しかし、高温による緩斜面と視界不良により公正な競技は不可能となり、スイス・スキーはレースを断念した。 したがって、2024年には回転競技のスイスチャンピオンは存在せず、レンツ・ヘクラーが引き続きタイトル保持者となる。

女子では、ステファニー・グロブがセリーナ・エグロフとカミーユ・ラストを抑えて先頭に立って、困難にもかかわらず大回転の最初の滑走を完了した。 2023年のダウンヒルのジュニア世界チャンピオンで、ほぼ20歳のグロブは、まだ続く2本目の走行を前にリードしており、木曜日のレースが無事に終了する期待が持てる。

全体として、通常はスキーシーズンのハイライトであるスイスアルペン選手権は、気まぐれな天候により異例の結果となった。 特に影響を受けたのは参加者と主催者であり、急速に変化する状況に柔軟に対応しなければなりませんでした。 男子回転の中止と女子大回転の延期は、運動能力だけでなく自然の気まぐれにも左右されるウィンタースポーツの予測不可能性を浮き彫りにしている。