まだまだ先の話ですが、また話し合いをしていきます🙊



アルペンスキーのワールドカップシーズンが大幅に終わりを迎えており、ザールバッハ・ヒンターグレムの気温が話題になっています。 2029 年のアジア冬季競技大会では、さらに多くの議論の基礎が提供される可能性が高く、すでにそうなっている場合もあります。

アジアオリンピック委員会は確かにスキー界に友人を作らなかった。 2022年、2029年アジア冬季競技大会のサウジアラビアへの開催を承認する10億ドル規模のプロジェクトが承認された。 寒さは厳しいですが、雪がほとんど降らない場所です。

つまり、人工雪の上を運転することになります。 元スキーレーサーのフェリックス・ノイロイターは当時、「サウジアラビアでのワールドカップの計画は全く倒錯的で不合理で、完全に時代遅れだ」と語った。 彼は、何かが変わる前に「超大惨事」が起こらなければならないのではないかと懸念している。

同氏は誰にも諦めるように言いたくはないが、選手たちが試合をボイコットするのは「適切な態度」だと考えるだろう。