最近パリセーズ・タホの大回転で勝利したマルコ・オーデルマットは、ついにワールドカップ通算3勝目を獲得しただけでなく、今シーズン、歴史的記録を破る可能性も切り開いた。 数学的にはシーズン終了1カ月前に捕まえることはもう不可能となっているスイスのスキースターは、2000/01年のヘルマン・マイヤー以来、一冬に4つの水晶玉を獲得した初のアルペンスキー選手になるチャンスを手にした。 最後の瞬間にヘンリック・クリストファーセンを置き去りにしたパリセーズ・タホでの勝利は、大回転で10回連続の優勝となり、アルペンスキーにおける彼の圧倒的な地位を強調した。

オーデルマットの優位性は、さまざまな種目での印象的なポイントリードに表れています。大回転ワールドカップではクロアチアのフィリップ・ズブチッチを大きく上回り、スーパー大回転ランキングでもOSV選手のヴィンセント・クリーヒマイヤーに十分な差をつけています。 下り坂のランキングは依然として刺激的であり、オーデルマットは怪我のため最終レースへの参加が危ぶまれているシプリアン・サラザンのすぐ上にいる。

オーデルマットは水晶球を追いかけるだけでなく、自己ベストを更新する可能性もあることから、スイスの野心は依然として抑えられていない。 今シーズンの彼は現在1,702得点を獲得しており、自身が持つ昨年のワールドカップ記録2,042得点を更新する可能性がある。 ティナ・メイズの2,414ポイントという総合記録にはまだ手が届かないものの、オーデルマットはすでにインゲマール・ステンマルク、ヘルマン・マイヤー、マルセル・ヒルシャーといったレジェンドたちと並んでいるシーズン最多勝利記録の更新に向けて順調に進んでいる。

オーデルマットは残りのレースに集中し、「もう少しポイント」を獲得したいと願っているが、彼の優位性は競争相手に驚きと困惑を与えている。 「もっと戦いにするには何かを変える必要がある」というクリストファーセンのコメントは、オーデルマットの功績が競合他社に示す賞賛と挑戦を反映している。




マルコ・オーデルマットは今季11勝。 🔥 彼にはまだ大回転が 4 回、滑降が 1 回、そしてスーパー大回転が控えています。 彼はステンマルク、マイヤー、ヒルシャーとの共同記録を超えることができるだろうか? 😯 ラストスパート楽しみにしてます! 🤩