ALPECIMBRA Fis Children Cupの国別選考初日、西アルプス、アルト・アディジェ、ベネトが盾に並び、2日金曜日の国際大会でイタリアの色を守る若きイタリア人の名前が決定そして2月3日土曜日には、5大陸すべてから40カ国以上からアスリートたちが参加する。

フォルガリーアのマルティネッラ ノルドとアゴニスティカ ディ フォンド グランデのスタートゲートに、イタリア全土から最高の若い才能が集まり、イタリアの 14 地域から 400 人の子供たちが 16 歳以下の特別回転と大回転に命を吹き込みました。

連結ポール間の2つのテストでは、ガーデナのアリアナ・プッツァーとベッルーノのピエロ・モーリンが歓喜し、巨大なラガッツィではジョバンニ・チェッカレッリの甥とピエモンテのルドヴィカ・ヴォッテロが優勝し、西アルプス委員会に二重の成功をもたらした。

アリーブ特別回転の女王は、南チロル出身のアリアナ・プッツァーです。 長年ワールドカップの主役であった元イタリアチャンピオン、カレン・プッツァーのまたいとこである彼女にとって、家族はスキーに親しんでいる。

ガーデナ スキー クラブの 2008 年クラスは、マルティネッラ ノルドの斜面で特に楽に走り、レースの両方のヒートでベストタイムを記録し (合計タイムは 1'22"62)、良い結果が得られたことを確認しました。今の季節に。

彼女のナンバーワンの対戦相手、もう一人の南チロル出身のヴィクトリア・クロッツ(リッテン・スポルト)は、最初の下りを100分の67秒遅れで完走したが、決定的な暑さの中、彼女はフォークリフトの犠牲者となった。 ジャダ・ダントーニオ(サウスカロライナ州ヴェスヴィオ)も、最初の走行で3回目のタイムを記録した後、テストを完了できなかったが、何もすることができなかった。

ピエモンテのベアトリス・マッツォレーニ(エキペ・プラジェラート)は、第1ヒートでチームメイトのラビニア・パシがフォークリフトに轢かれて転倒した後、2インチ38秒差で表彰台の2段目に登った。

16歳以下の男子回転でもピエロ・モーリンが僅差で勝利した。 トリキアーナ スキー クラブの代表は、最初の下りでの成功を基に、2 位のチームメイトであるレオナルド ディンカに 1 秒 27 の差をつけて終了しました。

モーリンは戦術にはまったく注意を払わず、2回目のテストでもベストタイムを達成し、1分23秒39というタイムで勝利を収めた。混雑した花壇からは当然の拍手が彼に湧き起こった。残りの2人のアスリートは表彰台への出場を保証しました。

2歩目にはエキップ・プラジェラートのガブリエレ・クズペ選手(1分87秒)が続き、決定的な暑さの中、ランキングでレオナルド・ディンカ選手をほんの500分の5秒という僅差で追い抜き、それでも3位には十分な成績を収めて勝利を収めた。スキークラブトリキアーナの。

14歳以下の大回転はマルティネラ・ノルドと平行に走るアゴニスティカ斜面で行われた。
女子レースでは、両ヒートでベストタイムを記録したピエモンテのルドヴィカ・ボッテロがストロークで優勝し、マリア・ラウラ・ペネ・ヴィダリ(クールマイユール・モンテ・ビアンコ)を抑えて優勝した。

後者は、最初の下りで2位となったベネデッタ・ローザ・ラニエリ(SCリモーネ)の脱出を利用することができ、さらにレース途中で3位となったホームアスリートのディレッタ・ヴィゴーロ(スキーチーム・アルペ・キンブラ)を追い抜き、4位フィニッシュとなった。ミア・トゥビニ(ヴァル・パロット)の後ろには、第2ヒートでも4つのポジションを獲得することができた。

感情の不足はなく、ましてや紆余曲折はなく、最終的にジョバンニ・チェッカレッリに報いをもたらした14歳以下の男子大回転でもなかった。 1本目に続いて2本目では、オリンピック滑降チャンピオンのダニエラ・チェカレリの甥が、レース中盤リーダーのニッコロ・カストリ(SCボルガータ・セストリエレ)がコースアウトした隙を突いて優勝を決めた。

ゴールデンチームのリーダー、チェッカレッリは総合タイム1分47秒90でゴールし、コルティナーゼ・トンマソ・ザナルディ(Sc 18)を1分82秒上回り、3位のサイザー・アルム・スキーチーム、南チロル出身のシモン・ケーザーを1分上回った。 「99. 7位逆転のおかげです。 パスカル・コストナーは表彰台を目指して決勝レースを欠場したが、トレンティーノのベスト選手はアナウネ・スキークラブの旗手であるリッカルド・ベンダーで、16の順位を回復して6位でフィニッシュした。 。

明日、1月31日水曜日には、マルティネラ・ノルドとアゴニスティカのゲレンデで、それぞれ14歳以下の特別回転と16歳以下の大回転で繰り返される。 どちらのチャレンジも午前9時に開始します。

彼らは言った
アリアナ・プッツァー(女子U16 回転1位):「とてもうれしいです。 アルト・アディジェのゾーンレースでは素晴らしい成績を収めましたが、こんなに速く走れるとは思っていませんでした。 両方のヒートでアタックしようとしてうまく滑り、正確に滑ることができた。 初めての出場で、すでにインターナショナルへの出場権を獲得しているのは並外れたものだ」

ピエロ・モーリン (男子U16 回転1位): 「高い数字で 40 位からスタートしましたが、最初のヒートでこんなに速く走って先頭に躍り出るとは本当に思いませんでした。 トレーニングと同じようにアタックしようとしたが、簡単ではないトラックでとても満足しており、それが気に入っていた。 第2ヒートは無理せずに滑り、勝利を掴むことができました。」

ルドヴィツァ・ボッテロ(女子U14 大回転1位):「これまで多くのチャンピオンが通過してきたアルペ・チンブラ・フィス・チルドレン・カップで優勝することは、いつも興奮することだ。 ゼッケン2番で滑った1本目だけでなく、30番で滑った2本目も、コーチのアドバイス通り、思い通りの滑りができて満足です。 国際大会でも同じことを繰り返したいと思っています。」

ジョバンニ・チェッカレッリ (男子 U14 大回転1位): 「シーズン初めに素晴らしい結果を残して非常に好調に推移しているので、良い成績を収める決意でフォルガリアに到着しました。」 すぐに手を抜かずにアタックして、第1ヒートは2位で終わりましたが、勝ちたかったので全然満足できずに優勝してしまいました。 ただただ幸せで、水曜日の回転でもフルスロットルで走ります。」

アズーラ・イネス・レオナルディ(女子U16 回転3位):「今年は自分の基準に達しない滑りだったにもかかわらず、3位になったことは依然として前向きな結果だ。 最初のモトはリズムが掴めなかった。 2回目は7位から挽回して少し良くなりました。 明日は専門外でも大回転で全力を尽くして国際舞台への出場権を獲得したいと思います。」