女子大陸サーキットの回復により、アオスタ渓谷の町は非常に充実したシーズン後半戦を迎えることになり、イタリアユーススピード選手権も追加されることになる。

ラ トゥイールの美しく晴れた日は、休暇を過ごしている人や、差し迫った女子ヨーロッパ カップの最終段階に向けて最終的な準備を整えようとしている男性に最適です。

ピンク色の大陸サーキットの2つのスーパーGは2月5日月曜日と6日火曜日に予定されており、3フランコベルトのゲレンデは、ここ数日の気温差により積雪がさらに圧縮されたこともあり、完璧な状態にある。 ワールドカップの女王たちもよく評価する素晴らしく挑戦的な斜面では、斜面と非常に硬い雪のため、難しくてハイレベルな2つのレースが予想されます。 ワールドカップのスタートエリアの標高2,075メートルからスタートするわけではありません。 FISと主催者は、ミュレ、アルプ・プラニーのエリアと、勾配65%に達する急峻な地点であるトラック2の壁への入り口につながる壁の下部にあるスタートゲートを下げることを決定した。

したがって、シーズン3回目と4回目のスーパーGはラ・トゥイールで予定されている。 サンモリッツで5位、数日前のオルシエール・メルレットで2位だったスイス人のジャニーン・シュミットは、名物のリーダーとして黄色いゼッケンを守るためにヴァッレ・ダオスタに到着する。 彼は125ポイントを獲得しているが、ヨーロピアンカップ最後のスーパーGで優勝し、日曜日にコルティナ・ダンペッツォでのワールドカップで18位(キャリアベスト成績)を達成したヴィッキー・ベルナルディの114ポイントに対し、得点は125だ。

しかし、オーストリア人のリサ・グリルは参加しない。彼女は12月中旬のパッソ・サンペレグリノの下りで圧倒的な強さを見せたが、オルシエールではメルレットが最初のタイムテスト中に膝と肩を負傷した。 イタリアはまた、フランス最終ステージの滑降で5位、スーパー大回転で4位と、ヨーロピアンカップではこれまでそれほど好成績を残していないサラ・アレマンにも重点を置くだろう。

一方、ラ・トゥイールは、できるだけ早くワールドカップに戻ることを夢見て、常に競技の世界をサポートする準備ができています(NEVEITALIAとの独占インタビューでダニエレ・コロンが語ったように、もう一度見るにはここをクリックしてください)、さらに2倍の賞金を集めます。 女子スーパーGの直後、アオスタ渓谷の町でイタリアユーススピード選手権が開催される。 男子レースはバルドネッキアで予定されていたが、バルドネッキアは白旗を掲げ、ダウンヒルとスーパーGを主催するラ・トゥイールにバトンを渡した。