昨日すでに速かったこのフランス人選手は、金曜と土曜に予定されているバーズ・オブ・プレイの下降で主導的な役割を果たす準備ができているようだ。 クロフォードとヒンターマンが戻ってきて、パリスがたくさん仕事をしなければならない間、キルデはオーデルマットのように常にそこにいる。 トンプソンとフォン・アッペンは大転倒。

シプリアン・サラザンは女王部門での表彰台と勝利に挑戦する準備はできていますか?

さて、今では元巨人選手が要因と考えられ、ビーバークリークでの3連戦(2つのダウンヒルと日曜日のスーパーGで締めくくり)に向けて予定されていた3つのテストのうちの2つ目は、「バーズ・オブ・ザ・ビーバークリーク」でトランスアルパインの感触を裏付けた。獲物」、今日は特に厳しく、訓練はほぼ 3 時間続きました。

昨日2位、キルデにコンマ数秒差をつけられたが、今日はサヴォイ出身の29歳がスロットルを全開にし、常に後続を離しながら最接近していたカナダ人のジェームス・クロフォードに78セントの差を付け、あらゆるセクターで堅実なレースを見せた。フランス人にとって何かが後ろにある。 火曜日のトレーニングと比較すると、ニールス・ヒンターマンはサラザンから0分88秒で3位、ヘメッツベルガーは1分04秒で4位となり、笑顔を浮かべることができる。 初期レベルでは常に非常に速いキルデは、再び中央の「壁」に多くを残しましたが、大本命はまだテストされているという印象で、今日は1インチ20で5位で、同胞の本物のルースであるセジェルステッドに4セント上回っていました週末中ずっと大砲。

アレクサンダーは好成績(1インチ26)を記録したが、最も期待されていたカナダ勢の3番目、最後の直線で転倒したブロデリック・トンプソンには大きく及ばなかった(テストは20分以上中断されており、彼の状態については続報が待たれている)。 この日の8回目は、トップから1分43秒差で好成績を収めたマルコ・シュワルツ、直後に1分55秒差でマティア・カッセが続き、やはり今日最高のイタリア人となった。 このピエモンテ人選手はゴールデンイーグルからゴールラインまで再び速く、競争力はあるようだ(昨日は4位でフィニッシュ)。彼の後ろには10位のダンクルマイヤーに加えて、スイスのエースが管理する1分63秒のマルコ・オーデルマットがいる。その間、彼は壁にタイムを記入し、レースで違いを生み出すことができる、そしてそうしなければならないことを彼が知っているポイントです。

クリーヒマイヤーが9秒を超えてゴールした場合、事実上コースの途中から停止することになる(これらの高度でのテストとレースの間に6日間あるというエネルギー要因は基本であり、オーストリア人の選択は決して些細なものではない)、ピントゥローは再び順位を上げて好成績を収める。昨日は非常に速かったチリのヘンリク・フォン・アッペンの転倒も注目すべきだが、イタリアではフロリアン・シーダーとドミニク・パリスが「大きな」ものを争うためには、おそらくもっと何かが必要になるだろう。

カステルロット出身の少年はサラザンに1分94秒遅れでこの公式練習セッションのゴールラインを通過したが、平地では再び大きく負け、ヴァル・ドゥルティモのチャンピオンは2分18秒で、まだまだ課題に取り組む必要があることを認識していた。トラックはいつも彼と同じように消化不良です。 よりテクニカルなセクションでは常に好成績を収めていたボスカは、「ドンム」よりも10分の1良い成績を収めた後、トップ20ゾーンでインナーホーファーを大きく引き離し、10分の2ほど悪かった(ベストタイムから2分28秒)。

ザッツィは2インチ88、ボルソッティは2インチ94、フランツォーニは3インチ57、モルテーニは4インチ04(他のイタリア人の中には「スターター」の座が危ぶまれていることを思い出して)、若いアリオドは4インチ12を支払った。

ランキング第2位 男子ダウンヒルテスト ビーバークリーク
1位 シプリアン・サラザン 1'38”09
2位 ジェームス・クロフォード +0”78
3位 ニールス・ヒンターマン +0”88
4位 ダニエル・ヘメッツバーガー + 1”04
5位 アレクサンダー・アーモット・キルデ + 1”20
6位 エイドリアン・スミセス・セジェルステッド + 1”24
7位 キャメロン・アレクサンダー + 1”26
8位 マルコ・シュワルツ + 1”43
9位 マティア・カッセ +1”55
10位 ダニエル・ダンクルマイヤー + 1”58
15位 フロリアン・シーダー + 1”94
19位 グリエルモ・ボスカ + 2”08
21位 ドミニク・パリ + 2”18
22位 クリストフ・インナーホーファー + 2”28
38位 ピエトロ・ザッツィ + 2”88
40位 ジョバンニ・ボルソッティ + 2”94
57位 ジョバンニ・フランツォーニ + 3”57
65位 ニコロ・モルテーニ + 4”04
66位 ベンジャミン・ジャック・アリオド + 4”12