周知のとおり、セルデンでの第1回男子大回転は風が強すぎて中止になった。 さて、当然のことながら、このレースをどこに再スケジュールするべきかという疑問が生じます。

スキーオーストリアは、中止された大回転がオーストリアではおそらく再スケジュールされないことをすでに明らかにしている。 Skinews.ch が伝えたところによれば、FIS は現在解決策に取り組んでいるという。 言及された情報筋は現在、1月5日にチュエニスベルグリで追加レースを完走するオプションがあるとして、アデルボーデンを出場させているという。 アデルボーデンの組織委員会のクリスチャン・ハウター氏は、この可能性についてskinews.chに次のようにコメントした。 「連絡が来るまで、オーストリアでのレースは延期されるだろうと思っていた。だから、この可能性については考えもしなかった。」 Swiss-Ski 自体でさえ基本的に「ノー」というわけではないため、FIS がどのような決定を下すかを見るのは興味深いでしょう。