セルデンでは、ノルウェーのラグンヒルト・モーウィンケルがスキー板に禁止元素であるフッ素ワックスの痕跡が発見され、ランキングから外された。 懐疑論者たちは現在、この除外が孤立したケースにとどまらないことを期待している。

FISのミシェル・ヴィオン事務総長は、いかなる失格も望まないと述べた。 発表からわずか24時間後、彼は無実を主張したモーウィンケル氏を一蹴した。

通常の条件下では気体として発生するフッ素は非常に撥水性が高いため、速度を向上させることができます。 禁止にもかかわらず、ハロゲンは最小限で使用される可能性があるため、物質的な争いが起こるリスクがあります。 ドイツスキー協会の国家科学トレーナーであるカールハインツ・ワイベル氏は、ミュンヘナー・メルクール/ツ・メディア・グループの中で「90年代の自転車競技のような詐欺の文化」について警告さえした。

限界が押し広げられています
FISは、オーストリアでのシーズン開幕直前に制限値を引き上げたのは、「シーズン初めに検査がスムーズに行われるようにし、スキー板の汚染の可能性についての憶測を排除するため」だったという。 ほんの些細なことが結果を左右するスポーツでは、フッ素を少し使用するだけでも成功の可能性が高まります。 残るは危険なゲームだ。 アスリートやサービスマンは、限界を超えたいという誘惑に駆られるかもしれません。

フッ素は環境に有害であり、発がん性があると考えられているため、フィリピンは禁止を施行した。 一方、ドイツのクロスカントリースキー代表コーチ、ペーター・シュリッケンリーダー氏は財政面を最優先に考えている。 「私たちの意見では、フッ素製剤は小国にとって大きな違いを補う簡単な方法でした。 今起こっていることには多額の費用がかかります」とシュリッケンリーダーは言う。

彼によると、測定装置の価格は 40,000 ユーロでした。 それらは特に信頼できるとは考えられていません。 オーストリア・スキー協会の技術責任者、マイケル・グフラー氏はAPA通信に対し、「我々の測定結果は、非フッ素コーティングのスキー板が測定システムにランダムに当たる可能性があることを示した」と語った。 グフラー氏によると、FISに送られたアンケートには「満足のいく」回答が得られなかったという。

これは選手間の不和を引き起こすことにもなる。 「いい下りを滑ったのに0.5秒ロスしたら、サービスマンは何と言えばいいでしょうか?」 「私は失敗しなかったが、他の人は失敗したのではないだろうか?」とオリンピックチャンピオンのララ・ガット・ベーラミさんはスイスの日刊紙ブリックに語った。 「私はサービスマンのところに行って『試してみて!』とは言いません」 オーストリアの世界クラスのダウンヒルスキーヤー、ヴィンセント・クリーヒマイヤーは、この懸念を共有していない。 「もし誰かがフッ素を使用したら、その影響は甚大なものになるでしょう。 それについては問題ないと思います」と彼は言った。

バイアスロンでも禁止
バイアスロンでは2019年秋に禁止が発表されたが、検査手続きが不十分だったため導入は2023/24シーズンに延期された。 現在使用されている測定装置は「フッ素フリーのバイアスロン競技を確実にするための信頼性の高いテスト」を提供していると世界協会IBUは述べ、同協会は「競技の完全性と平等な競争の場」を確保したいと考えている。