11月11日と12日に予定されている2つの女子回転には、代表チームから8名が出場することになる。ピエモンテ州出身の19歳のイタリアチャンピオンは、ロセッティ、ペテルリーニ、デラ・メーア、ガリ、ソラ、チュルトチェンターラー、ロレンツィに加わる。

イタリアのスラロミストは、最初のダブルシーズンのスペシャルイベントを考慮してすでに選ばれています。

女子ワールドカップは11月11日土曜日と12日日曜日にレヴィで開催され、フィンランドの2つのレースが目玉となる。今日の午後FISIが正式に発表したとおり、ジャンルカ・ルルフィ監督とマルティナ・ペテルリーニ氏がこの大会でチームに復帰する。マルタ・ロセッティ、アニタ・ガリ、ララ・デラ・メア、ベアトリス・ソラ、ヴェラ・チュルトチェンターラー、ルクレツィア・ロレンツィ、そしてCdMの絶対的なデビュー選手であるエミリア・モンディネッリが、怪我から復帰してから初のフルシーズンを迎えた。

アラーニャ・ヴァルセーシア出身の19歳のピエモンテ人は、G.S. フィアンメ・ジャッレは、3月にラ・トゥイールでイタリアの専門部門のシニアチャンピオンとして卒業し、4月にはボルミオのユース部門でも卒業し、ヘッドコーチのロベルト・ロレンツィとテクニシャンのジャンカルロ・ベルガメッリが率いるグループの新メンバーである。 チームは明日、10月31日火曜日にイタリアを出発し、今週はすでにバツ印が施され準備ができている「リーバイス ブラック」に取り組むことができるため、レース会場で直接トレーニングする予定です。