強風の影響で中止となったセルデンでの男子スキーワールドカップ大回転は、当初の予定通りオーストリアでの再開催は行われない。 この決定はオーストリア・スキー協会(OSV)のクリスチャン・シェラー事務局長によって確認されました。 ゼルデンでのレースが突然終了した後、オーストリアでのレースの再スケジュールがすぐに検討され、代替開催地としてホッホグルグルが検討された。 ホッホグルグルは11月18日にワールドカップ回転競技を開催する予定であり、適切な代替地と思われた。

ホッホグルグルでは即時検査が行われ、FISと組織委員会の両方が参加した。 テレビパートナーとの話し合いも前向きでした。 このような有利な状況と当初の承認にもかかわらず、最終的にはホッホグルグルでの大回転を開催しないという決定がなされた。 シェラー氏は、この決定は常識に基づいて行われたと説明した。 主な懸念は、ホッホグルグルでの回転プレミアの質を保証できないリスクを回避することでした。 ホッホグルグルはFISカレンダーに永続的な印象を残したいと考えていたため、回転が優先された。

この決定は、特に米国のビーバークリークで行われる次のレースに向けて、移動計画を立てなければならない選手やチームに対する物流上の課題と公平性も考慮したものでした。 あらゆる適切な条件にもかかわらず、ワールドカップ全体の精神と他国に対する公平性を考慮して、グルグルでのイベント開催に反対する決定が下された。

FISの規定によれば、再スケジュールされた大回転イベントは既存のワールドカップ開催地で開催されなければならない。 オーストリアではキッツビュール、シュラートミンク、そしてザールバッハ・ヒンターグレムでのワールドカップ決勝戦の日程がすでに設定されており、カレンダーは満席のため、オーストリアの他の場所は選択肢にない。 そのためFISは現在、オーストリア国外で適切な代替会場を探すことに忙しい。




オーストリアは諦めの方向:セルデンのリカバリーはシーズン最終戦までもつれ込む可能性

11 月 18 日に最初の CdM スラロームが開催されるチロルの場所で 2 回目のレースを開催するという最初の仮説はスキップされます。 いずれにせよ、レッテンバッハの巨人はすでにカレンダーにある段階で回収されるだろう。

スキーオーストリアはレースの一つ、すなわち昨日ソルデンで中止された男子大回転を中止する瀬戸際にある。

今朝明らかになり、「skinews.ch」の同僚らが報じた内容によると、オーストリア・スキー連盟のクリスチャン事務総長の確認を得て、優先権がワールドカップ開幕を主催する連盟の手にあるのであれば、明らかにそうだ。シェラー氏、レッテンバッハでの逃した試合を取り戻すための2つのもっともらしい選択肢であるグルグルとシュラートミンクの間で解決策は見つからなかった。

前者は確かに最も賢明な仮説だった。なぜなら、前日のチロルの町での回転の後にカレンダーに「ギャップ」があった11月19日の日曜日であり、次の週末には男子は競技しないことを考慮すると(ステージはフリーのままだった)レイク・ルイーズの遅れによるキャンセル)。 グルグルに「ノー」を突き付けるタイミングと物流のダイナミクス。その目的は、狭いポスト間の挑戦に向けてコースを最適に準備することであり、FISの手に戻った最初の巨人で可能性の範囲を再び開くことである。試合がカレンダーにある場所で再スケジュールされるという事実は明らかであり、いずれにしてもマルクス・ワルドナーによれば、ジャイアンツが最初の試合の「犠牲」なしに11試合に残るという事実に疑いの余地はない。

テクニカルレース(ジャイアントレースとスラローム)が予定されている最初の週末のヴァルディゼールから、スピードの3連戦が行われるビーバークリークからヨーロッパに戻り、アデルボーデンを通過します(アルタバディアにはすでに2人の巨人がいます、それは不可能です)バンスコ、そして何よりも2月末から3月初めまでの米国の2週間の週末、パリセーズ・タホとアスペンではどちらの場合も大回転と回転が行われ、状況はオープンだ。

ザールバッハでの決勝戦の前に、クランスカ・ゴーラで過去にすでに使われた最後のチャンス。