セルデンでのスキーワールドカップの開幕時には、お祭り気分と論争が入り混じった。 環境問題を巡る議論に巻き込まれるワールドカップの開幕は、10月という早いシーズン開幕の一貫性のなさを示した。 今日の環境議論におけるスキーの役割に焦点が当てられました。

開催当初の批判にもかかわらず、天気は観客(公式統計によれば3万人以上)に完璧なウィンタースポーツの光景をもたらした。 しかし、気まぐれな天候はそれだけにとどまらず、男子レースは強風のため中止となった。 不安定な天候もワールドカップの日程に関する議論のもう一つのポイントだった。

国際スキー協会(FIS)とオーストリアスキー協会(OSV)の指導部は監視下にあり、特にFIS会長のヨハン・エリアシュが10月の日程の有用性を驚くべきことに疑問視し、延期の可能性に言及したときは注目されていた。 ゼルデンの組織委員会委員長ヤコブ・フォークナー氏は、重要なイベントとしてのスキー場のオープンの重要性を主張した。

気候変動と生態学に関する議論のさなか、OSVの選手など一部のアルペンスキーのスター選手たちが批判の対象となっていることに気づいた。 彼らはオーストリアにおけるスキーの経済的重要性を強調した。 同時に、「フライデーズ・フォー・フューチャー」やグリーンピース・オーストリアなどの環境活動家たちは、気候危機の緊急性を強調するための場としてワールドカップを利用した。

特別なニュースがスキー界に衝撃を与えた。ノルウェーのスキーレーサー、ルーカス・ブラーテンが予期せずキャリア終了を発表した。これはワールドカップ、特に若い観客にとって大きな損失とみなされた。

優勝者のララ・ガット・ベーラミさんも、大会中に月経の問題についてオープンにして長年のタブーに取り組み、物議を醸した。 この正直な声明は、ミカエラ・シフリンなど他の著名な女性スキーレーサーの同様の声明に続いたものである。

スキー界の新たな論点であるフッ素ワックスの問題は、ノルウェーのラグンヒルト・モーヴィンケルのスキー板のフッ素濃度が高すぎたため失格につながった。 この事件は、新しい規制が現在も続いている不確実性と複雑さを浮き彫りにした。

セルデン ワールドカップは、ゲレンデの内外で議論、驚き、課題に満ちたイベントとして終了しました。 スキーサーカスはツェルマット/チェルビニアとレヴィでの次のレースに目を向けて進みました。