マルコ・シュワルツはこのところタイトなスケジュールをこなしていたが、2022/23年ワールドカップ総合7位の彼にとって、この冬はさらに楽になることはないだろう。28歳のカリンシアンは火曜日の夕方、南米での5週間のトレーニングキャンプから帰国した。水曜日の午前10時、彼はウィーンでのスポンサーイベントの一環としてメディアの前に姿を現した。そこでは、ワールドカップ総合優勝者マルコ・オーダーマットの重要な挑戦者の一人と目されているオールラウンダーのシュワルツが、来シーズンへのアプローチについて報告した。



マルコ・シュワルツはこのところタイトなスケジュールをこなしているが、2022/23年ワールドカップ総合7位の彼にとって、この冬はさらに楽になることはないだろう。28歳のカリンシアンは火曜日の夕方、南米での5週間のトレーニングキャンプから帰国した。水曜日の午前10時、彼はウィーンでのスポンサーイベントの一環としてメディアの前に姿を現した。そこで、ワールドカップ総合優勝者マルコ・オーダーマットの重要な挑戦者のひとりと目されているオールラウンダーのシュワルツは、来シーズンへのアプローチについて報告した。

2021年のアルペン・コンバインド世界チャンピオンであるシュワルツは、すべての種目で世界最高の選手のひとりだ。2022/23シーズンは、滑降、スーパーG、回転、大回転で6位以内に入った。クーシュベル/メリベルで開催された世界選手権では、アルペン・コンバインドで銀メダル、大回転で銅メダル、滑降で惜しくもメダルを逃し4位、回転とスーパーGで6位に入賞した。この夏、オーストリアのメディアでは、このカリンシアンが来冬のワールドカップ全レースに出場するという噂が流れた。ウィーンでの記者会見でシュワルツはこの意向をわずかに認めた。

シュワルツは、南米でのトレーニング(スピードのスペシャリストと2週間、スラロームとGSのチームとほぼ3週間)が非常にポジティブなものだったと報告した。シュワルツはこの冬もマルチ種目の脅威であり続けるだろう。シュワルツはクリスマスまでワールドカップの全レースに出場すると語った。その中には大回転4回、滑降4回、回転3回、スーパーG1回が含まれる。その後は?その時点で初期評価が行われる。「クリスマスには、今後の方向性を見極める。この冬、すべてのレースを完走できるかどうかは難しい。技術的な面かスピードの面か、どちらを優先するかはその時にわかるだろう」。


今シーズンは最低でも43のワールドカップが予定されており、冬の終わりに向けてまだ "十分な試合 "ができるようにすることが重要だ。すべての種目に出場することは、トレーニングの面で非常に時間がかかる。


「新しいゲレンデでのチャレンジは僕にとっていいことだ」 とシュワルツはグルグル(スラローム)とツェルマット(ダウンヒル)のレースを引き合いに出した。「ツェルマットは楽しみだ。ツェルマットはまだ誰も経験していないし、スピードの経験が少ない僕には合っているかもしれない」。シュワルツは2025年世界選手権のホームゲレンデであるザールバッハ・ヒンターグレムでのワールドカップ決勝も楽しみにしている。