アルゼンチンでの集中的な準備の後、スロバキア人スキーヤーのペトラ・ヴルホヴァは来る冬のスキー・ワールドカップに向けて万全の準備を整えている。彼女のコーチであるマウロ・ピニによれば、ペトラは2022年の北京冬季五輪で金メダルを獲得するために準備に費やした時期を彷彿とさせるフォームを見せているという。

当初、準備期間の一部をチリで過ごす予定だったにもかかわらず、雪不足のため、チームはトレーニング期間のすべてをアルゼンチンのウシュアイアで過ごすことになった。世界最南端のスキーリゾートであるウシュアイアには、9月になるとスイス、オーストリア、イタリアなど世界各国から多くのスキーチームが集まる。

ピニはアルゼンチンでのトレーニングプロセスについて深い洞察を示した。8月はベースワークと基礎技術に重点を置いていたが、9月からはより具体的なスキー種目と高いトレーニング強度に焦点が移った。戦略的にウシュアイアを選んだことで、チームはこの多様なトレーニングに理想的なさまざまなゲレンデを得ることができた。

伝統的に新シーズンの幕開けとなる大回転の準備は特筆に値する。しかし、全体的な準備を確実にするために、スラロームとスピードの種目もおろそかにされたわけではない。

集中的なトレーニング・セッションとプレシーズンでのヴルホヴァの目覚ましい進歩にもかかわらず、ピニはワールドカップ開幕前のリジェネレーションの重要性を強調する。そのため、十分な回復期間の後、ヴルホヴァーはスイスの氷河サースフェーで準備を続け、ソルデンなど標高の高い大会に向けて最善の準備をする。