クラン・モンタナは今シーズンの団体戦に別れを告げなければならない

FISが2023/24年のスキー・ワールドカップ・カレンダーから団体戦を削除すると発表したのだ。当初はキッツビュールやクラン・モンタナでのレースが計画され、特に女子第3戦に関心が集まっていたにもかかわらず、来シーズンはそのようなプレミアレースは開催されない。

予定されていた大会形式、特に参加条件とポイント付与に関して、多くの選手が懸念を抱いていた。このため、2024/25シーズンや2026年オリンピックに間に合うように、フォーマットの調整が必要かどうかが検討されることになった。

現在のFISの決定は、ワールドカップ・カレンダーが最終決定された秋のスイスでの会議で下された。クラン・モンタナの組織委員会はすでに2月16日に女子のレースを計画しており、キッツビュールでは1月に男子の大会が予定されていた。しかし、ダウンヒルとスラロームを含むこれらのレースは延期された。

フォーマットの見直しの必要性は、スピードとスラローム種目のために特別チームを編成することの難しさを強調した選手たちの懸念から生じたものでもある。もうひとつの批判は、提案されたポイント制で、これは従来のレースに比べて魅力に欠けるものだった。また、異なる国の選手を1つのチームにまとめるというアイデアも賛同を得られなかった。

OSVのクリスティアン・シェラー事務総長は、チームとしてのデビュー戦は2025年のザールバッハ世界選手権までお預けだろうと考えている。この開催地では、メダルが前面に押し出され、ポイントに関する議論はあまり重要な役割を果たさないだろう。さらに、2026年のオリンピックに向けた男女のチーム組み合わせはすでに決定していることが明らかにされた。

さらに、2025/26年シーズンまでのスケジュールが、この秋の会議で発表された。シェラー氏によれば、オーストリアの伝統的な見どころが再びカレンダーに含まれるため、事前の計画が非常に立てやすくなるという。他の開催地については、パノラマがレイク・ルイーズでのレースの代替となる可能性が検討されていること、そしてワールドカップ決勝も同様で、クヴィットフィエル/ハフィエルで開催される可能性があることが言及された。




チューリッヒで大騒ぎ:FISは2023/24年のCoMカレンダーから複合チーム競技を削除!

キッツビューエルとクラン=モンタナ間の新種目(女子の第3レースを希望)は開催されない。選手たちは、参加と採点システムの両面から(2026年オリンピックに必要な2024/25年に開催される可能性のある)フォーマットの見直しを求めている。

チューリヒのセンセーショナル

2023/24年ワールドカップでの複合団体種目の導入は、土壇場で見送られた。秋の各種会議はスイスで開催され、FISは来季の新種目について白旗を揚げることになった。

これは、2月16日(金)に開催されるはずだったクラン・モンタナでの女子ステージの組織委員会から発表されたもので、(代わりに男子は1月にキッツビューエルで開催される予定だった)ダウンヒルとスラロームが行われないレースメニューとなっており、ヴァレー州の同ステージは3日目の開催を希望している。

IOCの要請により、ミラノ・コルチナ2026をオリンピックプログラムに含めるために必要なテストの期限である、少なくとも2024/25年まですべてが延期された。

来冬のチーム・コンバインドが開催されない理由?最終的に耳を傾けてくれた選手たちは、多くの不平等を訴えた。まず、いくつかの国がこのような技術的な状況でスプリンターとスラローム選手を出場させる可能性がないことを考慮した(例えば、スロバキアのペトラ・ヴルホヴァがライバルに重要なポイントを奪われたと言われている、編を参照)。さらに、CdMポイントの配分は、クラシックレースの半分になるはずだったが、全員の同意は得られなかった。

同じチームに異なる国の選手を混ぜるというアイデアはすぐに除外され、提案の練り直しが要求された。




スキーワールドカップでは当分チームの組み合わせはありません😔
⛷ チームの組み合わせは、2023/24シーズンにキッツビュールとクランモンタナで初めて行われるはずだった。 国際スキー連盟(FIS)はイベントの開始を延期した。
⛷ チューリッヒでの秋の会合で、FISは新しい競技のルールを再検討し、2024/25年の冬まで競技を導入すべきではないと決定した。 スイス女子ヘッドコーチのベアト・チュール氏がSRFにこれを認めた。
⛷ チームコンビネーションでは、2 人チームの 1 人のドライバーがスピード規律を完了し、もう 1 人がスラロームを完了している必要があります。 その後、時間は加算されます。