国際スキー連盟FISとマルセル・ヒルシャーが設立したスキーブランドVan Deerの関係は、依然として緊迫している。昨シーズンピークに達した緊張関係は、次のワールドカップシーズンでも続いている。論争の中心はスキーブランドの商標である。レッドブルがヒルシャーのスキープロジェクトのメインスポンサーとなり、50%の株主となった後、彼らのアイコンである雄牛のマークがヴァン・ディアのロゴに組み込まれた。これはFIS(特にヨハン・エリアシュの指導下)の不興を買った。

ヴァン・ディアとレッドブルは、ロゴとブランド名を修正することで妥協点を見出そうとしたが、失敗に終わった。名称を "ヴァン・ディア・レーシング "に変更し、雄牛のシンボルマークを様式化されたレタリングに減らしたにもかかわらず、FISはその立場を堅持している。つまり、トップスキーヤーのヘンリック・クリストファーセンなどは、FISの要求に従うため、スキー板に再びテープを貼ることを余儀なくされる可能性があるということだ。

度重なるロゴの変更とFISの懸念に応えようとする試みにもかかわらず、対立の解決は遠い道のりのようだ。今後ソルデンで開催される開幕戦の大回転で、ヒルシャーのスキーとFISとの係争に再び注目が集まることが予想される。




ヒルシャー・ブランド、改訂ロゴをめぐっても糊塗を余儀なくされる
2023/24シーズンの開幕を前に、国際スキー連盟は重い裁定を下している。またしても、ブランド大手のレッドブルが責任を取らなければならなくなった。

国際スキー連盟(FIS)とレッドブルの権力闘争の次の章:どうやら、ヘンリック・クリストファーセンらのようなスター選手のスキー板に適応されたロゴでさえ、FISにとっては十分ではないらしい。レッドブルはもともと、スキー界のアスリートの板にレッドブルのロゴを入れたいと考えていた。これは、元スキー界のスター、マルセル・ヒルシャー(ワールドカップ通算8勝)のスキーブランド「ヴァン・ディア」と飲料メーカーが協力することで可能になったはずだ。何度も何度も、FISはこの計画に水を差した。

オーストリアのポータルサイト『oe24』が報じているように、ヒルシャーとレッドブルのヴァン・ディア・レーシングのスキーは今後、再びテープを剥がさなければならなくなる。1カ月ほど前、雄牛のいない新しいロゴが発表され、スキーをテープで止める必要がなくなる解決策と考えられていた。しかし、どうやらFISはこれでは不十分なようだ。新しいロゴの "Racing "の文字がレッドブルのマークに似ているためだ。これはBlickからの情報と一致している。

その他の情報
オーデルマットでも変化が必要
FISはすでに何度か飲料大手レッドブルに干渉している。マルセル・ヒルシャーが2022年夏に自身の新スキーブランドとレッドブルの提携を発表した後、クリストファーセンらは昨冬、スキーにテープを貼らなければならなかった。その結果、共同ロゴの「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ・イクイップメント社」が誕生した。テーピングされた板でクリストファーセンはガルミッシュ(ドイツ)とヴェンゲンの2つのワールドカップ・スラロームで優勝し、2月のクールシュベル(フランス)ではスラロームの世界チャンピオンになった。FISはこのノルウェー人に対し、違反した場合はシーズン中にライセンスを剥奪するとまで脅した。

8月初め、FIS首脳部はマルコ・オーデルマット(25歳)やアレクシス・パンテュロー(32歳)といったスキー界のスーパースターたちに、レッドブルレーサーのヘルメットデザインをもう受け入れないことをEメールで明らかにした。これまで、レッドブルの選手たちのヘルメットは、ロゴ部分だけでなく、ブランドカラーが全面に施されていた。

レッドブルとクリエイティブな解決策
マルセル・ヒルシャーの若いスキーブランドと大企業の新しいロゴは、FISにとっても十分なものではなかった。レッドブルはクリエイティブな解決策で広告規制を覆すことで知られている。RBライプツィヒの正式名称はレッドブル・ライプツィヒではなく、レーゼン・ボールスポーツ・ライプツィヒである。しかし、一見しただけで誰が本当の黒幕なのかがわかる。

共同ブランド "Van Deer "の "Racing "の文字が雄牛の形になっているなど、やや目立たない形ではあるが、レッドブルはスキーにもその存在を示したかったのだろう。しかしここでは、FISは明らかにタフであることに変わりはない。




FIS、レッドブルとヒルシャーにまたも「ノー」:クリストファーセン&カンパニーが来季もスキーでカバー

ポータルサイト『Oe24』が報じているように、8度のワールドカップ優勝経験を持つエリアッシュが考案した「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ」厩舎では、素材に「レーシング」の文字を入れるだけでは不十分だった。エリアシュと商業的現実との戦いは続く...。

マルセル・ヒルシャーと彼のヴァン・ディア・スキーにとって、ワールドカップ・デビューはセンセーショナルなものだった。 結局、このスポーツの歴史を塗り替えたザルツブルクのスターは、"プロジェクト68"、つまり、トップサーキットのトラックで獲得した67勝に、メーカーとしての初勝利を加えることを自らに課していた。

ヘンリク・クリストファーセン(ティモン・ハウガンやチャーリー・ラポソといった優秀な選手も所属)のようなチャンピオンを擁しながら、2つのカップ優勝、そして何よりも昨年2月のメリベルでのスラローム世界タイトルを獲得した。

ノルウェーのエースが目指すのは、HK94が世界チャンピオンに君臨し、大回転ではマルコ・オーダーマットにコンスタントに挑戦しているこの種目で水晶玉を争うことだが、2023年から24年にかけても、来月何かニュースがない限り、「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ」グループのロゴが粘着テープで隠されたスキーを目にすることになるだろう。

よく知られているように、ヨハン・エリアシュが委員長を務めるFISは、レッドブルが来冬、選手のスキー板に特徴的なレッドブルのロゴを入れたいと考えていたように、スポーツ以外の活動に使用されない限り、素材には市場に出回っているメーカーのロゴのみを入れることを望んでいる。

オーストリアのポータルサイト『Oe24』が報じているように、レーシングのレタリングをスキー板に入れる可能性についても、レッドブルのブランドの特徴に似すぎてしまうため、合意は得られなかった。