伝統あるアルペンスキー・ワールドカップの開幕を間近に控えたセルデンでは、すでに雪不足への対策がとられている。レッテンバッハファーナーでは最近降雪が記録されているが、現在の気温のため融ける可能性がある。今後、人工降雪のための追加降雪や凍結の見込みはない。こうした難題にもかかわらず、ワールドカップ開幕戦のゲレンデマネージャーを長年務めてきたイシドール・グリューナーは楽観的だ。彼と彼のチームは、春に作られた雪の貯蔵庫を活用し、先回りした対策に頼っている。

これらの貯雪場には合計6万立方メートルの雪がある。レースコースの準備には45,000立方メートルが必要だ。グリューナーによれば、たとえ出来上がった斜面が見た目には美しくないとしても、貯雪量は十分だという。冬のワンダーランドのイメージは30年もの間、観客を興奮させ、産業、観光、ウィンタースポーツのスタートの合図となってきたのだから。

合計60,000立方メートルの雪がこれらの貯蔵庫にある。レースコースの準備には45,000立方メートルが必要だ。グリューナーによれば、たとえ出来上がった斜面が見た目に最も美しいものでなかったとしても、貯雪量は十分だという。冬のワンダーランドのイメージは30年もの間、観客を興奮させ、産業、観光、ウィンタースポーツのスタートの合図となってきたからだ。

2007年からワールドカップ開幕戦のゲレンデマネージャーを務めるグリューナーは、ゲレンデの改修工事についてもコメントした。環境保護団体、特にグリーンピースからの批判にもかかわらず、彼はこの対策が必要であったと明言する。氷河が後退し、レース面に影響を及ぼしている。発破を含む改修工事は、前年にすでに承認されていた。グリュナーによれば、このような地形では従来の道具だけでは作業ができないため、必要だったのだという。