コロネット・ピークでのスラローム初日!
FISオーストラリア・ニュージーランド・カップのアルペンスキー・レース・プログラムがコロネット・ピークで開催された。
女子表彰台
🥇A・J・ハルト 🇺🇸
アバ・サンシャイン 🇺🇸
᥉バレンティーナ・プフトシェラー 🇦🇹
男子表彰台
ジミー・クルプカ 🇺🇸 ↪So_1F947
サム・メース 🇧🇪
ローリー・テイラー 🇬🇧
今日出場したすべての選手、おめでとう!明日、またお会いできるのを楽しみにしています!🤠⛷ ❄️



アメリカがFISオーストラリア・ニュージーランド・カップのスラロームレースを制す
FISオーストラリア・ニュージーランド・カップのアルペンスキー・レース・プログラムがコロネット・ピークで開催された。

女子のレースでは、アメリカのアバ・サンシャインとA・J・ハートが激しい首位争いを繰り広げた。サンシャインはスタート直後から圧倒的なリードを奪い、最も近いライバルのヴァレンティーナ・プフルシェラー(オーストリア)を0.75秒上回るタイムで1本目を終えた。

1本目を終えて6位につけていたハルトは、2本目で異例の速さを見せて優勝を決めた。

ハルトはこう説明した。「あの滑りは1本目よりずっと良かった。もう少し自由に、ルーズに滑ったほうが結果的に良かったような気がする」。

女子の表彰台はサンシャインが2位、プファルツシェラーが3位となった。

男子のレースは、これまでNZ 2023冬季大会の中で最も緊迫したレースのひとつだった。ジミー・クルーパー(アメリカ)が-0.11秒差でリードしていた。

ジミー・クルーパー(アメリカ)が-0.11秒差でトップに立った。限界ギリギリの滑走で、上位の選手たちが滑走不能になるのを目の当たりにした。

クルーパーはやや控えめなアプローチをとり、第2滑走で10番手のタイムを記録したが、タイムを合計して男子の勝者となった。

クルプカは「下品に聞こえるかもしれないが、山の上で自分を表現しようとしただけだ。スキーは走っていたし、ドーベルマン(ノルディカのスキー)も吠えていたから気分は良かった。ここは美しい。景色に気を取られてしまうんだ

ベルギーのサム・メースは2位、イギリスのローリー・テイラーは3位だった。

今日のレースは、ウィンターゲームズNZが初めてプロアマゲレンデで開催したスラロームレースとなった。プロアマゲレンデでは、コース中に複数のフォールラインやピッチの変化があり、選手たちには完璧な精度が要求される。また、このコースはコロネット・エクスプレスのチェアリフトの下を横切るため、スキーヤーやスノーボーダーは上から競技を観戦し、楽しむことができる。