コリエレ・ヴェネトは、インスブルックの招致に対する金曜日のメモの後、政府のインフラ担当委員ルイジ・ヴァレリオ・サントンドレアの反応を掲載した。

コルティナのエウジェニオ・モンティ・ボブスレー競技場改築工事の入札は、新しい調達規約のおかげで不成立となり、ミラノ・コルティナ2026インフラ会社は、この分野で活躍する企業数社との交渉手続きを開始した。Repubblica』などいくつかの報道筋によると、この工事を受注する可能性が最も高いのは、モランディ橋の崩落事故後にジェノヴァのサン・ジョルジョ橋の建設を手掛けたイタリアの多国籍企業グループ、ウェブイルド社のようだ。

ポイントは、サンタンドレア委員が工事の開始日を2023年10月31日とし、完成までの日数を807日としたことである。これはミラノ・コルチナ・オリンピックの開会式のわずか20日前である。