ミカエラ・シフリンはポルティージョで準備を続けている。

ペトラ・ヴルホバは、オーストリア選手たちがウシュアイアに到着した直後からトレーニングを開始した。一方、ミカエラ・シフリンは来たるスキーシーズンに向けてチリのポルティージョを選んだ。

ソルデンでのシーズン開幕へのカウントダウンが本格化し、多くの女子トップアスリートが南米のゲレンデを準備に利用している。カタリーナ・リエンスベルガーを筆頭とするオーストリアの選手たちは、早くも8月中旬にアルゼンチンに到着した。同時に、スピードのスペシャリストたちがラ・パルバとバジェ・ネバドの間でトレーニングを行っている。

一方、ヴルホヴァはウシュアイアでトレーニングを開始した。伝統に従い、コーチのマウロ・ピニの指導のもと、彼女は以前サースフェーのゲレンデを数日間使用した。

フェデリカ・ブリニョーネ、マルタ・バッシーノ、ソフィア・ゴッジャ、エレナ・クルトーニらイタリアのスター選手たちや、多彩な才能を持つスラロームのスペシャリストたちも9月初旬に南米に到着する予定だ。

一方、シフリンはポルティロで準備を続けている。7月のマンモス・マウンテンでの集中トレーニングの後、アメリカのスターはチリでスピード種目に集中している。




ウシュアイアのペトラ・ヴルホワはオーストリアの後、ミカエラ・シフリンにとってはポルティージョでのキャンプが始まった。

ワールドカップの主役たちは、イタリア女子チームのように南米のゲレンデでの長い準備期間に入ったか、入ろうとしている。リエンスベルガーはアルゼンチン、水晶玉の持ち主は再びチリを選んだ。

ウシュアイア、ティエラ・デル・フエゴ、そして... 偉大なアスリートたちの

ソエルデン開幕まであと2ヶ月となり、女子サーキットの多くのチャンピオンたちが9月、特に脚にキロを刻むことになる。しかし、アルゼンチンのリゾートに最初に到着したのは8月20日頃で、カタリーナ・リエンスベルガーがテクニカル種目のグループをリードしていた(一方、スプリンターたちはラ・パルバとヴァレ・ネバードの間で忙しくしていた)。

ウシュアイアでは、ペトラ・ヴルホヴァの仕事も始まる。彼は、マウロ・ピニコーチとの伝統どおり、サースフェーで数日過ごした後、南米に飛び立ち、9月2日からイタリア女子の冒険も始まる(スラローム選手たちは、パリのほか、すでにアルゼンチンに10日間ほど滞在している)。

一方、ミカエラ・シフリンは昨夏に引き続きポルティージョでのトレーニングを選択した。 7月末にマンモス・マウンテンで行われたトレーニングで成果を上げたこのアメリカのスーパースターは、チリのリゾートでより集中的に高速系種目に取り組むことになる。