ツェルマットの雪に戻ってきたアレクシス・パントュローは、ダウンヒルのトレーニングセッションに最高のコンディションを見つけた。他のフランス人ダウンヒルスキーヤーがネバドス・デ・チランで好天の到来を待ち、それが金曜日にようやく訪れた。

2度のコンバインド世界チャンピオンはトレーニングを強化することができた。雪のコンディションが十分でなかったため、チリのラ・パルバでのトレーニングキャンプをスキップしていた彼にとって、これは特に重要なことだった。11月末にツェルマットとセルビニアンの間で開催されるスピードスキー・ワールドカップ・シーズンのスタート地点となるマッターホルンの麓で、フランス人選手はいくつかのトレーニングセッションを熱心にこなした。ドイツチームとの協力もあり、ダウンヒル5本とスーパーG2本のトレーニングが行なわれた。

ピンテュローの新コーチ、マキシム・ティソとオーストリア人のマルティン・シュプレンガーによれば、ツェルマットでのトレーニングは予想以上にうまくいったという。チームはテクニック、ラインマネージメント、バランス、よりエアロダイナミックなスタンスに効果的に集中することができた。ピントゥローはまた、さまざまな新しいスキーモデルをテストする機会も得た。メジェーヴのチームは、トレーニング・セッションから非常にポジティブな結論を得た。

ピントゥローは現在、9月4日から南米のウシュアイアで集中トレーニングを開始するまでの短い回復期間を計画している。