OSV女子スピードチームは、夏の準備を開始します。バート・タッツマンスドルフの「Reiters Reserve Supreme」ホテルで、OSV女子スピードチームは、新ヘッドコーチ、ローランド・アッシンガーの指導のもと、初の合同フィットネストレーニングコースに参加しました。夏の気温にもかかわらず、選手たちは来たる冬のスキーワールドカップにしっかりと目を向け、フォームを改善するために決意を新たに取り組んでいます。

平坦なブルゲンラントで、ローランド・アジンガーはスキーワールドカップを成功させるための土台を築きます。"レディースはいつも批判されることが多い。私は今、それを変えたいと思うことにした。つまり、批判を減らし、自ら変化を起こそうとするのです」とアジンガーは言う。

ミリアム・プフナーも、チームに新しい風を吹き込み、私たちを強くしてくれると思います」と楽観的だ。チームに新しい風を吹き込み、私たちを強くしてくれると思います」。

女子チームは現在、激動の時代を迎えている。新しいコーチングスタッフに加え、長年同僚だったニコル・シュミッドホーファーとラモーナ・シーベンホーファーが辞職したのだ。タマラ・ティップラーは妊娠中のため休養中です。

しかし、ニーナ・オルトリーブ氏は、この状況にチャンスを見出す。「彼らは常にトップに君臨するアスリートだった。しかし、私たちには、特にスピード面で幅広いラインアップがあると思います。この差を縮めることができると思う。"

また、ローランド・アッシンジャーは、若い世代にも可能性を見出しています。"若い選手たちがステップアップして、自分たちの力を発揮するチャンスでもあると思います"。

新しいヘッドコーチを迎え、チーム全体が自分たちの力を発揮する準備ができている。