予定より少し早く、ビクトル・ムファジャンデは、すでにドゥ=アルプの氷河で3日間の滑走を記録しています。

春からリハビリセンターに通い、リハビリを行いながら、「6月にはスキーに戻りたい」と何度も言っていた。結局、1月中旬にアデルボーデンで膝を痛めたビクトル・ムファジャンデは、「怪我からの復帰」を少し前倒しで達成した。手術から4ヵ月後、彼はすでに復帰している。

3日目
1週間前の初日、スキーとブーツをマスターモードにした後、日曜日と月曜日、まだコンディションの良いドゥ・アルプの氷河で、いつもの装備とフリースキーでさらに2日間を終えたところである。良いことをやり遂げた。

この冬フランスで負傷した多くのスキーヤーの一人であり、再び雪に触れた最初のスキーヤーであるサヴォワイヤールは言う。「ただのステージに過ぎない。外科医(ベルトラン・ソネリー=コッテ)がゴーサインを出したときは驚いたよ」と、2022年1月のザグレブのスラローム(特に足首の骨折)がひどく、「有名」だったため、2年連続で負傷したスキーヤーとして春を送っているVMJは言う。10年前には、すでに膝の怪我(右膝の十字靭帯)を負っていた。今は、左膝の外側側副靭帯と半月板に影響が出ている。

「まだ終わっていない。最初の数回のターンの後、アバランは当然ながら痛みを感じたが、でも、それが普通なんだ」。「気楽にやっているんだ。まだやることはたくさんある。通常の身体的準備、再調整、そして今は少しスキーを交互に続けています」と説明するオリンピックメダリスト(2018年複合3位)は、7月中旬にノルウェーで再びゲレンデに立つ技術集団に戻るための準備をするつもりだ。ビクトル・ムファジャンデは、レ・ドゥ・アルプか、ヴァル・ディゼールのル・ピサイユ(6月10日オープン)の "自宅 "のどちらかを選択することになる「スタッフと相談しながら、昨年と同様に6月に3日間コースを試してみるつもりです」と話す。