CdMの3人のジュニアは、来年6月9日までオリンピック準備センターに滞在する予定です。

ワールドカップ男子ジャイアントスラロームチームの一部も、競技準備期間が始まった。テクニカルディレクターのマッシモ・カルカは、フィリッポ・デッラ・ヴィーテ、ジョバンニ・ボルソッティ、ハンネス・ジンガーレを6月9日までフォルミアのオリンピック準備センターに招集し、夏に向けての最初の段階として、一連のテストと準備訓練を行う。

また、ダビデ・マルケッティ監督も同行します。一方、ユースコーチのパオロ・デフロリアンが招集したジュニアチームの少年たちは、6月4日までボローニャで1週間のアスレチックトレーニングに励む予定です。ルカ・ロージコーチの指示のもと、ファビオ・アラシナ、ロレンツォ・トーマス・ビーニ、ステファノ・ピッツァート、エドアルド・サラッコ、フェデリコ・ロメレ、レオナルド・リガモンチの6選手が参加する。