ラ・サール - 生涯の友、トレーニングパートナー、ヴァッレ・ダオスタのファン、そしてカターニアや他のイタリアの都市からのファン。フェデリカ・ブリニョーネのファンは、昨日もラ・サールに集まり、音楽と一緒に、老若男女が楽しめる楽しいパーティーを開催しました。成功を祝い、ファンに感謝し、一歩下がって思い出を振り返る日。

しかし、ラ・サールでは、エミリア・ロマーニャ州で起こったことが忘れ去られることはありませんでした。そのため、大抽選会とは別に、北京オリンピックの美しいEA7ジャケットと、最大200個しかない虎が描かれた限定レベルグローブがオークションにかけられました。この収益は、ファンクラブ(いつも頼もしいルディ・ヴァレットが主宰)がヴァッレ・ダオスタに開設した口座に入金し、洪水に見舞われた住民に寄付される予定です。

フェデリカ・ブリニョーネとラ・サール市長、地方議会議員、役員たち
また、この伝統的なイベントにたびたび出席している、ママのニンナ・クアリオ、弟のダヴィデ、パオロ・デ・キエーザもステージに登場しました。そして、ケーキ、ワールドカップ、オリンピック、ワールドメダルなどのトロフィーの数々、成功のミュージアムを見学しました。また、マッターホルン・セルヴィーノのスピード・オープニングや、11月にツェルマットとブロイユ・セルヴィニアの間で開催されるレースのプレゼンテーションも行われました。

フェデリカ・ブリニョーネは、3シーズン前からトレーニングを積んできたサルデーニャ島から帰国したところです。アオスタの谷とは異なる環境で、水浴びや砂浜を楽しみながら、仕事を始めるのです。スキーは少し、陸上競技はたくさん。今日から彼女は、信頼するアスレチックトレーナー、フェデリコ・コッリとともに「プッシュ」するようになりました。リラックスし、ファンとの再会を喜び、ワールドカップシーズンに向けて準備を整えている。