ルカ・デ・アリプランディーニ、フィリッポ・デッラ・ヴィーテ、ジョバンニ・ボルソッティ、ハンネス・ジンガーレ、後者はまだ怪我と闘っているため特定のプログラムを組んでいる(ジョバンニ・フランゾーニは欠席)、オリアテ・オローナのマペイセンターでアスレチックテストを実施し、20'23/2024レースシーズンを正式にキックオフさせました。ワールドカップ大回転チームのアスレチックトレーナー兼コーチであるダビデ・マルケッティ氏は、実施されたテストについて次のように語っています。「マペイのアスレチックテストのプロトコルは数年前から施行されていますが、フィジとマペイのトレーナーの合意により、テストの種類を追加したり削除したりと、変更が行われてきました。これは、科学的な文献に追いつくためです」。大回転の選手だけでなく、トップシリーズのスラローム選手も担当しているトレントのコーチ(90年卒)は、こう続ける。「まず血液分析から始めます。血液分析から始まり、体組成分析、つまり脂肪量を評価するためのプリコメトリーです。そして、特定のエクササイズにおける特定の動作の実行の質に関するスクリーニング、ファンクショナル・ムーブメント・スクリーニングに進みます」。

次に、筋力、パワー、爆発力、そして非対称性を評価するために、ジャンプによる神経筋検査に移ります。そして、パワーピークと筋力/パワーカーブを評価するために、過負荷をかけたスクワットを行います。もちろん、VO2MAXと有酸素運動効率を評価するサイクルエルゴメーターテストも欠かせません。最後に、モニョーニ博士が発明し、マペイにしかないエキセントリックモーター付きプレスを使った筋持久力と力の調節のテストで締めくくります。 5月28日から6月9日まで、ラツィオ州北部フォルミアのコニ・オリンピック準備センターでドライトレーニングが行われます。雪の上で?7月末から3日間、ベルギーで室内練習を行います。