5月17日に発表されたナショナルチームに続き、ルレーヴのグループも発足し、新しいスタッフが間近に迫った雪山への帰還に備え、準備を整えています。

Aグループ(ワールドカップ)がフランスチームと呼ばれるようになったのに対し、下部組織も名称が変わり、Bグループ(ヨーロッパカップ)がなくなり、フランスのルレーヴチームが登場した。つまり、予算の関係で第3層(ユース・ジュニア、以前は誰もが「ルレーヴ」と呼んでいた)が組織図から削除されても、「ルレーヴ」は考慮されるのです。多くのジュニアを含むこの新しいグループは、エリートへの前哨戦であるヨーロッパカップに使用されることになる。

ヴァランタン・ジロー=モワンヌのいないスタッフたち
男子では、フレデリック・ペラン新フランス代表のもと、ルレーヴはまだ2つのグループに分かれている。シリル・ヴィウは、フロリアン・ロリオットやニルス・アルファンドといった大物選手の昇格によりスリム化されたスピードグループの責任者として、相変わらず活躍している。ヴィクトル・シュラーは引退し、ケン・カイヨーは残留していない(個人で継続中)。オー・アルピンは、昨シーズン若手を指導したヴァランタン・ロシャと協力することになる。しかし、Aテクニカルグループに加わったファビアン・ムニエと、コーチとしてのキャリアを保留しているヴァランタン・ジロー=モワンヌがいないため、彼はやりくりをしなければならない。

技術面では、セバスチャン・ブレニエがまだ指揮をとっている。Thomas Maitreがシニアチームに昇格した一方で、Justin Bernard、Mathias Rolland、Thibaut Trameauとともに、フィジカル面の準備に取り組むことになる。ゲラン・ファーブルは、もはやチームの一員ではありません(個人ベースでも継続します)。

フランスの男子アルペンスキーチーム

フランスの女子アルペンスキーチーム


グレッグ・マソンの女子選手
女子は、グレッグ・マソンが、エミリアン・アスティエ、ダミアン・レガード(すでに決まっている)、クレマン・トマミシェル、バティスト・コッソン(ユースグループから)、フロリアン・ブスカリーニが身体準備(および技術グループA)を担当し、大きなグループを担当する。エスター・パスリエやケンザ・ラシェブなど、多くの女子選手が春にキャリアを終えています。フランスのジャイアントチャンピオンであるティファニー・ルーは、これまで欠場していたが、今後はオルサタスのチームでトレーニングを行うことになる。

ドゥ・アルプと...ベルギーで再開催
そろそろブルースが雪上に戻ってくる時期だ。連邦政府のほとんどのグループが、レ・ドゥ・アルプのゲレンデにやってくる。5月28日(日)には、グレッグ・マソン率いる女子選手が始動する。シリル・ヴィウのハードチャージャーは、6月13日にオイサンのゲレンデに戻る予定だ。セバスチャン・ブレニエの技術者たちは、この春のプログラムにスキーはありません。8月、ベルギーのドーム「ピア」で、ウシュアイアに向かう前にお会いしましょう。