西部地区ジュニア選手権でのレースの様子



3月21日から24日にかけて、アラスカのアリエスカ・リゾートで西部地区ジュニア選手権が開催されました。

シリーズの最初の2日間は、天候に難があった。初日は女子のGSが予定されていたが、24名しかスタートしなかったため、路面が不公平で安全でないと判断され、レースは中止となった。

22日は男女ともスラロームのレースが予定されていた。しかし、この日は新雪のため、女子スラロームしか行われなかった。

当初は、男女ともスラローム2本、ジャイアントスラローム2本、スーパーG1本というスケジュールだった。しかし、天候と戦った結果、女子はスラローム2本と大回転1本、男子はスラローム1本とGS1本が行われました。願わくば、選手たちがレースができないときに、幻想的な山を利用できればよかったのだが。