2023年2月18日 - 2月17日金曜日に気温が下がるにつれ、土曜日がEISAのレーサーたちにとって楽しみであることが明らかになった。ジミニー・ピークでウィリアムズ・カーニバルの2日目が開催され、水分をたっぷり含んだ路面が一晩でロックされた。今シーズン4本目のGSは、短い滑走時間で、選手たちにハードなチャージとミスのない滑りを要求する。

路面が良いので、選手は後方から攻めることができ、集団の先頭にいる選手は野心的である。コルビーのアシスタントコーチ、サム・ペレティエの言葉を借りれば、「選手たちが自分の傑作を描くことができる真っ白なキャンバスだった」のだ。そうできる選手がいる一方で、ラインを見失い、その日を決める百分の一秒を間違えてしまう選手もいました。

女子では、まずセントマイケルズのヘレネ・クリストファーセン選手がほぼ完璧な滑りを披露しました。この日は全体的に接戦となったが、クリストファーセン選手は競合他社を圧倒し、1本目で0.5秒以上のリードを奪った。2位には、ミドルベリーのアレクサンドラ・コセットが入った。コセットは、今シーズンのGSレースでまだ5位以下の成績しか残していない。もちろん、過去3戦優勝しているプリマスステートのハンナ・ラーソン・ナットホルストも忘れてはならない存在で、コセットの後ろの3位につけている。

男子も同じような顔ぶれでレースが行われました。バーモント大学のヨアヒム・ヤッヘ・リンドストエルが1本目を制したが、今日の結果で注目を集めたフレッシュマンのグレイ・フラナガンにわずかな差で及ばなかった。表彰台には、フラナガンのチームメイトであるシメン・ストランドが上がった。

NCAA予選が見えてくると、選手たちは10位以内に入ればチャンスがあることを理解し、特に女子は6位以内に入ることが必要であることを理解した。その結果、トップ30に入った選手たちはハイテンションな滑りを見せ、その差はさらに縮まった。

クリストファーゼンは、比較的健全なリードを保っていたが、それでもフィールドを圧倒し、2本目で1.52秒の差をつけて優勝した。2位はUVMのマリナ・ヴィラノヴァ。7位から一気に順位を上げ、今シーズン初の表彰台を獲得した。3位はコルビーのエラ・スピアで、ミュールとしては2020年以来の表彰台を獲得した。

スピアーは、自分が何をすべきかをよく理解していました。"総合順位を上げ、シーズン目標を達成するには、2本目を速く滑らなければならないことは分かっていた。" コースが悪化しても、彼女はそうすることができた。"2本目の滑りはそれほどクリーンではなかったが、1つ順位を上げるのに十分持ちこたえた "と彼女は言った。EISAサーキットで表彰台に上がるには素晴らしい努力が必要であり、選手たちは皆、このサーキットがいかに競争的であるかを知っているのだ。

男子の表彰台は1本目からほぼ同じで、リンドストロエルが今季2勝目を挙げた。この結果、彼はGSのリーダービブを保持したまま、シーズン最後の2戦に臨むことになった。

この日のチーム優勝は、男子がセント・マイケルズ、女子がコルビーで、両チームとも110点以上を獲得した。カーニバルでは、UVMが男女とも2位となり、総合優勝を果たしました。ダートマス大学は、男子チームの5位と6位が貢献し、ダートマス大学の2位となりました。

セントマイケルズのカーニバルGSは、来週ホワイトフェイスマウンテンで開催される3日間のレースの幕開けとなる。セント・ローレンスのカーニバルの一環としてスラロームとGSがそれに続く。シーズン終了間際の短い休息週は、NCAAへの出場権を得る最後の機会として、選手の体力が試されることになる。

現在、UVMから10名、Dartmouthから9名、Saint Michael'sとUNHから5名、Plymouth StateとColbyから3名のスキーヤーがバブル内に座っています。しかし、NCAAの予選基準を考えると、最終戦まで何も決まらないだろう。