ルーカス・ブラッヘンはソルデウのワールドカップファイナルでスラロームのクリスタルグローブを手に入れることができる。

2022/2023シーズンのスキーワールドカップにおける回転専門選手のレギュラーシーズンは、パリセーズ・タホでの回転で終了し、最終戦はソルデウ(アンドラ)のワールドカップファイナルで行われます。

FISの規定によると、スキーワールドカップ・ファイナルへの出場資格は以下の通り。
- ランキング25位までの選手(補欠選手なし)
- ジュニア世界チャンピオン
- 現世界チャンピオン(クリストファーセン)
- レース前に総合ランキングで500点以上獲得しているすべての選手。

以下、リストアップされた全選手です(欠番は次のレースで500点以上集める選手)。アトレ・リエ・マクグラス選手もリストアップされていますが、膝の重傷(十字靭帯断裂)のため出走権を行使することができません。

男子スラローム ルーカス・ブラッヘン、ヘンリック・クリストファーセン、ダニエル・ユール、ラモン・ゼンハウゼルン、マヌエル・フェラー、ロイック・メイヤール、ライナス・ストラッサー、クレメント・ノエル、アレクサンダー・ステーン・オルセン、アトレ・リー・マクグラス、ティモン・ハウガン、トマソ・サラ。ファビオ・グストライン、デイブ・ライディング、マルコ・シュワルツ、アルバート・ポポフ、クリストフェル・ヤコブセン、アレクシス・パンチュロー、セバスチャン・フォス・ソレヴァーグ、アレックス・ヴィナッツァー、エイドリアン・ペルトル、マーク・ロシャ、AJ・ギニス、ステファノ・グロス、サムエル・コレガ

ジュニア世界チャンピオンのコラード・バルベラ選手(イタリア)に加え、現在考慮されていない500点以上の全選手が追加される可能性があります。マルコ・オーダマット選手、アレクサンデル・アモット・キルド選手、ヴィンセント・クリーチマイヤー選手。