イタリアが女子Cdmで120勝を達成。ゴッジャ、22歳💙

ソフィア・ゴッジアがクランモンタナのダウンヒルで優勝し、イタリアはアルペンスキー女子ワールドカップで120勝を達成した。ベルガモ出身のチャンピオンは22勝をあげ、ヴァッレ・ダオスタ出身のフェデリカ・ブリニョーネを抜き、興奮のダービーとなった。3位は16勝をあげたレジェンド、デボラ・コンパニョーニである。

その詳細は以下の通りである。

22. ソフィア・ゴッジア(DH17回、SG5回)
21. フェデリカ・ブリニョーネ(GS8回、SG8回、AC5回)
16. デボラ・コンパニョーニ(13GS、2SG、1SL)
15. イゾルデ・コストナー(12DH、3SG)
8. カレン・プッツァー(4SG、4GS)
6. デニス・カーボン(6GS)
6. マルタ・バッシーノ(6GS)
4. マリア・ロサ・クアリオ(4SL)
3. クラウディア・ジョルダーニ(2SL、1GS)
3. サビーナ・パンザニーニ(3GS)
3. エレナ・クルトーニ(1DH、2SG)
2. ダニエラ・ジーニ(2SL)
2. エレナ・ファンキーニ(2DH)
2. ナディア・ファンキーニ(1DH、1SG)
1. ビビアナ・ペレス(K)
1. パオラ・マゴーニ(SL)
1. ララ・マゴーニ(SL)
1. ミカエラ・マルゾラ(SG)
1. ジュスティーナ・デメッツ(DH)
1. キアラ・コスタッツァ(SL)
1. ダニエラ・メリゲッティ(DH)