カリフォルニアのスラロームでは、21歳のノルウェー人が12位から1位になり、ギリシャ人が必死でまたいで(100分の1差で勝っていたはず!)ティモン・ハウガンとアルバート・ポポフが表彰台に上がり、ブルガリアがノエルとのエクセレントな3位となり、すべてが実現したのだ。ブラッセンは決勝まで赤いビブスをつけたままだった。トミー・サラがトップ10に入ったが、決勝でミスを犯し、素晴らしい成績を収められなかった。

イエローフィニッシュ、パリセーズ・タホの吹雪の中、オンと... の外。

実のところ、このような特殊な状況にもかかわらず、パルテールの選手やテクニカルスタッフの雰囲気は、できる限り平静であるように思われた。シーズン最後のスラロームで何が起こったのか、本当に信じられないが、最終的な判断は、アレクサンダー・スティーン・オルセンと名乗るノルウェー出身の若い選手のキャリア初の勝利と、AJ・ギニスによるワールドカップでのギリシャの成功というおとぎ話が少なくとも先送りされたということであろう。

自分で画像を見たいというマーカス・ワルドナー氏(ただし、後ろからの1ショットのみ、控えめに言っても2023年には不合理だが...)が待つこと25分、ギニスがステーン・オルセンに100分の1秒差をつけてゴールし、その後ろにホーガン、ストラッサー、ユール、ノエルが続いたため、現役の銀メダリストはまたがったために失格になったと裁定されたのだった。

しかし、そのタイミングとやり方は、恥ずべきものであり、FISに一考を促すべきものだった。

いずれにせよ、2001年に2度のジュニア世界チャンピオンに輝いたノルウェーのワンツーが、一気にCdM初の表彰台を獲得し、1本目の12位から挽回し、レースをリードしていたクレマン・ノエルからわずか100分の65秒差ですぐにトップに立ったのである。

同胞のティモン・ホーガンに100分の5秒差で敗れた。スキー・ファン・デアで2度目の表彰台(世界選手権の銅メダルに続く)、3年前のシャモニーで一般に知られるようになったときと同じ栄誉に浴したのである。ギリシャの物語ではなく、ペタル・ポパンゲロフから43年ぶりにブルガリアの物語を蘇らせたアルベルト・ポポフが25位からキャリア初の表彰台へと登り、クレマン・ノエルが1本目のベストタイムからステーン・オルセンにコンマ9秒差をつけましたが、世界選手権後の失望の中で良い結果を残すことができました。

ランキングは非常に短く、サプライズに満ちたもので、イタリアに大きな悔いを残すクレイジーなレースとなった。ヘンリック・クリストファーセンは、優勝したチームメイトからわずか500分の35秒差で5位となり、新生ワールドチャンピオンにとってCdMのすべてのゲームを切り開く無駄なチャンスとなった。HK94は7位のルーカス・ブラッセンとの差を32ポイントに縮めたが(彼は1本目マイナスで20位)、レース中盤の2位から総合24位まで後退したダニエル・ユールのブラックデイを打開するチャンスは本当にあったのだ。ソルデウの決勝スラロームでは、理論上ラモン・ゼンハエウサルンが「カップ」を手にすることになるが、今日は決勝で重大なミスを犯し、赤いビブスを身につけたブラッセンから99馬身遅れて6位となったのである。

ファビオ・グストラインの100分の2後、トンマーゾ・サラは9位でフィニッシュし、手放しで喜んだ。ブリアンツァのレーサーの走りは最後の中間まで完璧だったが、彼はまだスタート時と同じマージンをステーン・オルセンに持っていたのである。だけではない。

ステファノ・グロスは26位(ただしファッサの選手は決勝に進出)、アレックス・ヴィナツァーは引きすぎでストップし、3点にとどまり、銅メダルで取り戻した世界トップ15入りをまた逃すことになったのだ。

男子ワールドカップは、3月3日から5日までアスペンで開催されるアメリカの雪を使ったスピードトリプティックで再開される予定である。

大会の全結果を見るにはここをクリック

スラロームマッシェル - パリセーズ・タホ
1位 アレクサンダー・スティーン・オルセン 1'47"47
2位 ティモン・ハウガン + 0"05
3位 アルバート・ポポフ + 0"24
3位 クレマン・ノエル + 0"24
5位 ヘンリック・クリストファーセン + 0"34
6位 ラモン・ゼンハエウサーン + 0"45
7位 ルーカス・ブラセン + 0"49
8位 ファビオ・グストレイン + 0"52
9位 トマソ・サーラ + 0"54
10位 リヌス・シュトラッサー + 0"56
26位 ステファノ・グロス + 1"89
28位 アレックス・ヴィナツァー + 2"89
DNQ トビアス・カストルンゲル
DNQ シモン・マウアベルガー
DNF1 フィリッポ・デッラ・ヴィーテ