寝る前に表彰台を狙える!
クレマン・ノエル、パリセーズ・タホのスラロームでアルバート・ポポフとジョイント3位 💪🏻💪🏻




パリセーズ・タホで開催されたワールドカップレースでスラロームがスリリングな展開を見せた。長い間待ち続けた結果、優勝候補のAJ・ギニスが厚い雪の中でのスジ引きにより失格となったのだ。アレキサンダー・スティーン・オルセンがチームメイトのティモン・ホーガンを抑えて優勝、ブルガリア人のポポフとフランス人のノエルが3位を分け合いました。スイス人選手ではラモン・ゼンホイセルンが6位に入賞した。
他のスイス人選手は、1本目の好スタートを生かしきれませんでした。 ロイック・メイヤール(1本目終了後も6位)は21位、ダニエル・ユール(1本目2位)は24位であった。




アレクサンダー・スティーン・オルセンのプレミア勝利 🇳🇴
パリセイド・タホで開催されたワールドカップで、ノルウェー人のアレクサンダー・スティーン・オルセンが初優勝を飾った。25分後、優勝候補のAJ・ギニスがスレッダーのために失格となったからだ。ギニスにとってもプレミアな勝利だったはずだ。
つまり、スティーン・オルセンだけでなく、同胞のティモン・ホーガン(2位)、3位のアルベルト・ポポフ(表彰台独占!)、クレマン・ノエルも得をしたことになります。
ラモン・ゼンホイザーンは6位でスイス人としては最高位だった。2本目では3つ順位を上げている。ダニエル・ユール(1本目2位)とロイック・メイヤール(6位)は2本目に進めず、24位と21位。 特にユールにとっては、小さなクリスタルグローブをめぐる戦いで後退することになったのです。




2本目も雪が降り続く中、楽な展開にはなりませんでしたが、クリストファー・ヤコブセン選手はスタート番号を生かして13位まで順位を上げ、14位でフィニッシュしました!2本目も雪が降り続く中、楽な展開にはなりませんでしたが、スタート番号を生かして13位まで順位を上げ、14位でフィニッシュしました。クリストファーは2本目のタイムが2番目に速い!?👏🏼
優勝はノルウェーの若きアレキサンダー・スティーン・オルセン、チームメイトのティモン・ハウガン、そして3位タイにはアルバート・ポポフ&クレメント・ノエルが入りました!
1.アレクサンダー・スティーン・オルセン選手 1.47.47 🇳🇴
2.ティモン・ハウガン選手 +0.05 🇳🇴
3. Albert Popov 🇧🇬 Clement Noelと一緒に+0.24 🇫🇷
-
14.クリストファー・ヤコブセン +0.80 🇸🇪




なんてレースなんだ😱。
2️⃣🔝2️⃣ 0️⃣今日は@palisadestahoeで@fisalpine男子スラローム🔥フィニッシュ
billymajor_さん18位、2本目3位、dave_rydingさん16位おめでとうございます👏‼️




パリセーズ・タホのワールドカップ・スラローム・レースで、4人のクロアチア人のうち3人がポイントを獲得した👏🇭🇷
サミュエル・コレガは11位でレースを終え(今季2位)、ソルデウ(アンド)で開催されるワールドカップ・ファイナルへの出場権を獲得した。💪
フィリップ・ズブチッチは20位でフィニッシュ
イストク・ロデシュは1本目で14位と素晴らしい滑りを見せた後、22位でフィニッシュ。
マテイ・ビドビッチは1本目34位、2本目DNQ。