今日、4人の選手が表彰台に上がりましたが、そのうち2人はノルウェー人でした。



パリセーズ・タホのスラロームの表彰台にノルウェー人が2人いたことは誰も驚かないはずだ。しかし、優勝者が昨年のジュニア世界チャンピオンである21歳のアレクサンダー・スティーン・オルセンであるという事実は、少なからぬ驚きを与えてくれるかもしれない。

Steen Olsenは、2位に入ったチームメイトの26歳Timon Haugan(+0.05)、そして初表彰台となる3位のAlbert Popov(ブルガリア)は、フランスのClement Noelと同点で表彰台を獲得しました。

ステーン・オルセンはワールドカップ初表彰台を獲得し、トップステップとなった。彼は1年前にジュニアワールドのスラロームとGSで優勝し、今日はワールドカップのスラロームで優勝したのだ。ルーカス・ブラッセンとアトレ・リエ・マクグラスへの警告だ。今のうちにグローブを獲得しておけ。ノルウェーには、2000年から2001年にかけて生まれた3人の選手がおり、彼らの間でワールドカップスラロームを6勝している。

アメリカ、カリフォルニア州、2月23日、PALISADES TAHOE -Albert Popov (BUL). 写真 ゲパの写真
予想通り、ブルガリアのコーチは2本目をより複雑なものにし、さらなるスラローム技術を要求した。注目すべきは、彼の選手であるアルバート・ポポフが、最速の2本目でそれに応えたことだ。ポポフ選手は、1本目の25位から22ランクアップし、3位タイでフィニッシュした。コーチが特定の選手のためにコースを設定し、それがうまくいくことはあまりないが、今日はそれが完璧に機能した。

2022-23シーズンのスラロームスキー最高位11人をざっと見てみると、そのうちの5人がオーストリアではない同じ国の選手であることに気づくかもしれない。

230226001


Screen-Shot-2023-02-26-at-3.31.27-PM-1024x867





パリセーズ・タホのスラロームの表彰台にノルウェー人が2人いたことは、誰も驚かないだろう。しかし、優勝者が昨年のジュニア世界チャンピオン、21歳のアレクサンダー・スティーン・オルソンであるという事実は、少なからぬ人の注意を引くかもしれない。
男子技術系最強の若手スキーヤーがどの国からやってくるか、疑いはないのだろうか。