アローザでは11月29日にFISジャイアント・スラロームが開催され、シリル・エベール(スキークラブ・フラムザーベルグ)が1フィート58インチで優勝、シルヴァノ・ジーニ(アルピナ・サンクト・モリッツ)に41/100、サンドロ・ツルブルック(スキークラブ・フルティゲン)に63/100という、ハットトリックを達成したのである。ノヴィのカラビニエール、ロレンツォ・トーマス・ビーニが65/100で4位、つまり表彰台まで2/100という素晴らしい結果でした。17位にはリグーリア・スキークラブ、サンシカリオ・チェザーナのダビデ・ダマンティが入り、レモンのカラビナ、エドアルド・サラッコは2本目でアウトとなった。
アローザで開催されたFISジャイアントスラローム男子の着順について
https://www.fis-ski.com/DB/general/results.html...


221129201