レイクルイーズでのダウンヒルの1本目で、ナショナルスピードチームのリーダーは、1年前に彼女だけのものだったトリプティクをまっすぐに狙っている。本日20回目のタイムトライアル「楽しくてコースも理解できたが、2つの重要なポイントでミスをしてしまった」

期待値のカードを再編成最初のテストは、本当に任意の驚きがあるかどうかを理解するには早すぎるレースでは、金曜日から日曜日 (2 つのダウンヒルの実行とスーパー G) レイク ルイーズで予定速度開口部では。

いずれにせよ、今日のトレーニングはソフィア・ゴッジアにとって今シーズン初の本格的な出場で、エレナ・クルトーニ(イタリア女子ではベストタイムのニーナ・オルトリーブから1分71秒で9位)、デラーゴ姉妹、復帰したラウラ・ピロヴァーノも参加した。FISIプレスオフィスを通じて、ダウンヒルワールドカップの赤いビブスをつけて降りてきたベルガマスクのスターのファーストインプレッションを紹介する。2"22の差で20位。「2つの重要なポイントでミスをして、大きくはらんでしまい、次のジャンプに進めなかった」とゴッジアは語った。

楽しかったし、コースも十分理解できたので、最後まで走りきることが肝心だった。この2日間で、もっと良くなると確信している」。

レース1から48時間後のアンコールに向けて、水曜日20:00にアポイントメント。




レイクルイーズでの第1戦はオルトリーブがトップ。クルトーニ9位、ゴッジャ「またゲートを開けられたのは嬉しい」。

ワールドカップ女子ダウンヒルのスペシャリストたちが、カナダのレイクルイーズにあるゲレンデで最初の公式練習を行った。この日のベストタイムは、明らかにニーナ・オルトリーブが出したものだった。オーストリアの芸術家の娘は1'50″27でストップウォッチを止め、100分の94で2位タイだったスロベニアのイルカ・ストゥヘックとオリンピックチャンピオンのコリンヌ・スーターは彼女の後ろに並び、ラグンヒルド・モーヴィンクルは1″17で4位、ステファニー・ベニエは5位でした。エレナ・クルトーニが1″71で9位、ナディア・デラゴが2″21で18位、ソフィア・ゴッジアが2″22で19位と、最も進取の気性に富んだイタリア人選手であった。

「パルテールでのゴッジャは、「2つの重要なポイントで、幅を広げてしまい、次のジャンプが飛べないというミスを犯してしまった。楽しかったし、斜面も十分理解できた。滑走して下まで行くことが基本だった。以下、ニコル・デラゴが2″51、マルタ・バッシーノが3″22、フェデリカ・ブリニョーネが3″55、ロベルタ・メレッシが3″70、復帰したラウラ・ピロヴァーノが4″98、カロリン・ピヒラーが5″18と続く。2回目のタイムトライアルは11月30日(水)20:00(イタリア時間)に行われる予定です。