ワールドカップのスピード競技のスキーヤーになるために必要なアドレナリンの量を楽しむ人は、この地球上にほとんどいない。ローレン・マキューガはその一人である。



ワールドカップのスピード競技スキーヤーに必要なアドレナリンの量を享受している人は、この地球上にほとんどいない。しかし、ローレン・マキューガはその一人だ。

毎年、国は7月4日に祝日を祝うが、この日は偶然にもマキューガの誕生日でもある。しかし、彼女と話していると、日々、人生を謳歌している女性と話していることに気づかされる。

大リーグで味をしめた彼女は、さらなる欲望に駆られる

昨年12月、レイクルイーズでワールドカップを初めて経験したマキューガ。しかし今シーズン、彼女は女子スピードツアー全体を経験することになる。昨冬のNorAmダウンヒルでの優れた成績により、彼女はワールドカップの2022-23年ダウンヒル個人大陸カップのスタートポジションを獲得したのである。

ツェルマット・チェルヴィニアでの年明けに興奮したマキューガは、国際的な国境を越えるイベントの第1回目のレースをするためにヨーロッパに飛ぶことを楽しみにしていた。しかし、雪不足のためにレースがキャンセルされると、彼女はよく知っているコースでシーズンをスタートさせることに目を向けた。何十年もの間、北米のスピードスキーヤーはレイクルイーズでその才能を開花させ、マキューガも例外ではなかった。

昨シーズン、マキューガはDチームに所属していたが、スピード競技を本当にやりたいと思っていたのは、彼女のグループの中で2人だけだった。このことは、2人にとって有利に働いた。少人数であるため、ツェルマット、ソールデン、カッパーで行われるトレーニングで、熟練した女子ワールドカップチームに加わることができたのだ。2人とも素晴らしい成績を収めた。その結果、彼女とアバ・サンシャインは今シーズンのワールドカップの出場権を獲得した。

昨年のレイクルイーズでの経験は、エキサイティングであり、インスピレーションを与えてくれるものでした。私は夢のような生活を送り、世界最高の女性たちとレースをしていました。同じビブスを着て、同じホテルに泊まり、選手たちのもてなしを受けて、肘をつきました。私はワールドカップのアスリートだったのです。速くはなかったけれど、もっと上を目指したいと思っていました」。

ユニークな出発点
デトロイト出身のマキューガは、パークシティに移り住み、ユタ州でスキーを覚えた。2007年にユタ州に引っ越してきて、すぐに両親が家族全員をスキーに誘ったんです。私たちはスキーが大好きなんです。私は3人兄弟で、2人はUSスキーチームにも所属しています。姉のサムはノルディックジャンパー、妹のアリーはモーグルの選手です。一番下の兄弟は兄で、パークシティスキーチームでアルペンスキーを滑っています。"

マキューガもまた、スキーレースにおいてユニークな生い立ちを持っています。2010年、彼女はウィンターパークで開催されたナスターナショナルズに参加した。そこでシルバー部門で優勝したことを記憶している。マキューガは、「そこから、私はスキーレーサーになるんだと自分に言い聞かせました」と言う。

4月中旬に入学し、11月中旬に卒業するユニークな高校である。

遅いスタートには利点もあった
エリートへの道を歩み始めたのは他の選手より遅かったが、FISレースに参戦するようになってから、「このスポーツで一番になりたい」と思うようになったという。しかし、FISに参加した初年度から、「一流になりたい」と強く思うようになった。しかし、FISに参加した1年目に、すべてが明らかになりました。突然、私はこれができるんだと気づいたのです。オリンピックに出たいんです。オリンピックに行くことは常に私の夢でしたが、今は現実的な可能性に思えます。"

マクガは続けて、「若い頃、あまり期待されなかったことが有利に働いたと思います。たまには表彰台に上ってみたいという気持ちもありましたが、それはそれで楽しいものでした。ほとんどスポーツが好きという気持ちだけでやっていました。一番になりたかったけど、そうじゃなかったし、それでいいんです」。

マキューガは、スキーのゲートが好きだと言い切った。しかし、パウダーがあればそれも滑りたい、と説明する。

スピード競技のペースを楽しんでいる
では、なぜマクガは滑降を志すようになったのだろうか。もともとスーパーGをやるのが好きだったんです。速く滑るのが好きなんです。かっこいいし。スピード競技を滑るときのテンポが楽しいんです。"流れるような感じがするんです。

しかし、メイン州シュガーローフで初めて経験したNorAmのことをこう振り返る。「とても怖かったです。最初のトレーニングランはパンツとジャケットで滑ったのですが、21秒遅れでした。でも、とても楽しめました。恐怖心を克服できたんです」。これらのレースで結果を出したことで、マキュウガはUSデベロップメントチームに入ることができた。

今シーズンは、Sugarloaf NorAmのレースで、ワールドカップに出場するためのコンチネンタルカップの出場権を獲得した。この重要なステップを達成したときの気持ちを尋ねると、マキューガは「この感情を表現する言葉はない。言葉では言い表せないほど感動しました。

昨年、レイクルイーズに行ったときは、エキサイティングで少し圧倒されたと説明する。今年、彼女は勝負に出る。

Stifel USアルペンチームの最も価値ある貢献

Stifel US Alpine Teamのメンバーであることの最も有益な部分トップ3について尋ねると、マキューガさんの答えは明快です。

チームの雰囲気が1番です。彼女いわく、彼女たちは非常に競争的だが、明らかに全員の成功を望んでいる。

2つ目は、コーチングとスキーサービスです。多くの貴重な情報や見識を与えてくれる」とマクガさん。成功するために必要な情報やスキーのチューニングを受けることができ、自信を持つことができる」とコメントしている。

最後に、フィットネスプログラムの設計と実行における専門性の高さについて、マキューガは語ります。彼女は、ボブ・ポーリングとザック・グレイの技術に非常に感銘を受けています。さらに、彼女はユサナ・センター・オブ・エクセレンスの素晴らしい状態についてコメントしています。

マキューガは、人生で最高の準備期間を経験したと言っています。そして、今シーズンに向けては、これまで以上に準備が整っていると付け加えました。一つ確かなことは、マキュウガはワールドカップで初めてのフルシーズンを経験することに興奮しているということです。