キリングトンリゾート、マウンテンオプスクルー(雪を作る人)、コースクルー、ボランティア(!!)、POWDR(特にジョン・カミング、ハーウィグ・デムシャー、マイク・ソリマノとそのスタッフの素晴らしいビジョン)、アメリカスキー&スノーボードチーム、そしてHERoic Killington Cup presented by Stifelを他とは違ったものにしたすべての人たちに時間をとってお礼を言いたいのですが、どうすればいいでしょうか?このイベントに精力的に取り組み、心血を注いでくれたことに感謝します。このイベントは、スキーレースの世界全体から注目され、評価され、賞賛されています。あなた方が成し遂げたことは、他の人にとっては奇跡ですが、あなた方のチームは奇跡を習慣化したのです💫。
そして、ファンの皆さん...もう、何と言ったらいいのでしょう! キリントンの観客、雰囲気、バイブス...そして東海岸のスキーレースのエネルギーは、いつも狂気的で素晴らしいものだ。東海岸でのスキーレースのエネルギーは、他では味わえないものだ。大観衆と熱狂的なスキーファンがいて、みんなに声援を送り、ショーを盛り上げてくれるんだ。そのような観客の前でレースをすることは、とても特別なことだ。これからも何年もここに戻ってこられることを願っています。このような場所で、このような観客と、このような競争相手とレースをする機会に恵まれたことは、私のキャリアの中でとても幸せなことだった。
今年は特別な年だった。もちろん、成績の面ではベストの年ではなかったが、同時に...なんというか...久しぶりに故郷を身近に感じることができた。説明するのがちょっと難しいんだけど、どういうわけか、今年はこれまでよりもレースを楽しむことができたんだ。普通は、レースを楽しむことと実際に勝つことが一致することを望むものだが、「本当に楽しかったけど、うまく滑れなかった」と感じるよりは、その2つが一致した方が、もちろんずっといい状況だ。でも、レースから得られるものはポジティブなものばかりだし、自分のスキーについてもポジティブなものがある。GSで取り組むべき方向性はわかっているので、その繰り返しをするために数日必要なのだ。スラロームでも、同様に方向性が少し見えてきた。
レヴィで優勝して、「帰ってきたんだから、これからまた全部勝つんだ」と言うのは簡単ですが......実際はそうでもないんです。私より上手に滑っている女性もいるし、どんな日でも、私たちの誰かが勝つ能力を持っている。 アナとウェンディが初優勝したのは、とてもクールだった!
私は、トップ・ステップに戻るための努力を惜しみません。今までの自分とはちょっと違うポジションにいるんだ。もう二度と勝てないのなら......と、ずっと考えているんだ。うまくいかないことを恐れているわけではないんです。仕事をし、努力をし、トップ争いができるような気がしています。意味があるかどうかわからないけど、それが今の僕のメンタルなんだ。ただ、自分が滑れる最高のターンをしたいし、そういう心構えがあれば、普通はいいことが起こるものなんだ。今シーズンは、かなり華々しいスタートを切っている。
次の目的地はヨーロッパだ。
そして...