COVID-19の3戦目により、AJハートのニュージーランドへのトレーニングトリップは遅れている。それでも、彼女はニュージーランドに到着する予定だ。しかし、彼女は必ずニュージーランドに到着します。そしてそれが、これまでの彼女のスキーレース人生において、唯一証明された成功の方程式なのである。

カリフォルニア州タホ出身の21歳は、3年以上ワールドカップに参戦し、DNFやDNQを繰り返しながら、ついに初ポイントを獲得した。そのポイントは、2020年11月にオーストリアで開催されたワールドカップ・パラレルレースで獲得した。その数週間後、フランスのクーシュベルで行われたワールドカップ大回転で18位となり、これが現在も彼女のカップ成績のトップとして残っている。しかし、何が変わったのかと問われると、パワーブレックファーストも、特別な激励も、幸運の靴下も関係ない。

強く叩くと楽になる

「あの日、唯一違っていたのは、朝、車から落ちたこと。氷が張っていて、滑ってしまったんです。頭を少し打って、膝を痛めたと思った。フリースキーはやらなかった。レース前にアドビルを4錠ほど飲んだんです」と振り返る。「それ以来、私の技術者は、レース前に私がうまく滑れるようにするために必要なことは、私をよく叩くことだといつも冗談を言うようになった。

ワールドカップではスーパーGで2回、GSで1回、スラロームで1回のトップ30入りを果たしたハルトは、ブルガリアのバンスコで行われたジュニア世界スキー選手権スラロームで銅メダルを獲得し、2021年シーズンを大いなる形で締めくくったのである。その安定感の秘訣は何かと問われれば、彼女は肩をすくめるしかない。

と尋ねると、「わかればいいんですけどね」と彼女は答えた。「でも、それを見つけたと思ったら、次はうまくいかないんです。それは年齢と成熟によるものだと思います。また、このようなコースをすべて経験したことがあるので、どこに送ればいいのか、どこで我慢すればいいのかを知っていることは、間違いなく役に立ちます"。

ハルト、画期的なシーズンを経験

昨シーズンの特徴は一貫性ではなかったが、それはハルトにとって大きな足がかりとなった。ソールデンでのGS開幕戦で20位に入ったとき、それはすぐに始まった。

「ソールデンでは、4年間ワールドカップに出場してきたのに、やっと誇れる滑りを2本することができた」と彼女は語り、この成績がシーズン中の自信につながったという。「ソエルデンでは、4年間ワールドカップを戦ってきて、やっと誇れる2本の滑りをすることができた。

レヒ/ズール、クーシュベル、そしてオーレ(スウェーデン)とレンツェルハイド(スイス)のGSレースで成功を収めポイントを獲得したものの、ハルトのワールドカップシーズンの大部分は再びDNFとDNQに押される形となった。 しかし、全米選手権では、アメリカの大回転と回転で表彰台に上がり、3月にオーストリアで開催されたオランダの全米選手権回転と大回転で優勝し、タホ出身のハルトにさらなる追い風となった。

3月にオーストリアで開催されたオランダ国内選手権の回転と大回転で優勝した。「あのレースはオーストリア人が多いわけではなかったが、自分にとってはいいレースだった。あの時は、どうしてもポイントが必要だったのだが、ポイントを欲しがっていたのは僕だけではなかった。たくさんの人が走り回っていたんです」と彼女は言う。

オリンピックデビュー

ハルトにとって、昨シーズン最もやりがいがあり、記憶に残り、モチベーションが上がった出来事は、北京オリンピックであった。GSでリタイア、スラロームで34位となったが、パンデミックによる厳しいルールに縛られたこの経験は、彼女にさらなる意欲を抱かせた。

「オリンピックはかなり大きなイベントでした。「自分のスキーが全然だめでも、アメリカ代表として出場するのは本当に素晴らしいことです。たとえ自分のスキーがそれほど素晴らしくなくても、アメリカを代表して参加することはとても素晴らしいことでした。コビッドの関係で観客や家族は呼べなかったのですが、アスリートだけというのも楽しいものです。ユニークな絆の体験でした。私たちの村には、ボブスレー選手とルガー選手しかいませんでした。彼らのスポーツを知ることは、とても興味深いことでした。他のアスリートがどのように物事に取り組んでいるかを知ることは、とてもクールなことでした。

ハルトのアプローチ

来シーズンへの取り組みについて、ハルトはコビットを克服したにもかかわらず、ユタ州パークシティでの数週間のドライランドトレーニングで気合を入れ、雪上に出ることを熱望している。

「現時点では、スラロームとGSに重点を置いている。もっとスーパーGをやりたいが、それは将来の楽しみに取っておいて、まずは技術的なバックグラウンドをしっかり身につけることに集中したい。そして、スラロームで安定した成績を残せるように頑張りたい」。

彼女のホームグラウンドであるパリセーズで開催されるワールドカップのレースで、女子が除外されることになり、彼女はがっかりしている。しかしハルトは、シエラの山々を生涯にわたって滑り続けた経験が、彼女を多才なスキーヤーに育てたと考えている。

「タホの出身であることは、とても有利だと思います」と、彼女は言います。「幼い頃はただ山を滑り、9時から3時までKT(パリセイドのKT-22チェアリフトは乗客に1,800フィートの急斜面を滑らせる)を周っていた。あらゆるタイプの地形を滑ることができるんだ」。

ニュージーランドでの雪上トレーニング、そして8月末のANCレース参戦を経て、ハルトは9月にポーラ・モルツァンの結婚式にアメリカチームとともに出席し、さらにトレーニングを積んで10月のソールデンから2023年のメリベルの世界選手権までワールドカップを再開することを楽しみにしている。

「具体的すぎる目標を持つと、辛くなったり挫折したりするような気がします」とハルトは言う。「まずプロセス指向の目標に焦点を当てることが、私の助けになります。私にとって最も効果的なのは、良い準備期間を持ち、自分自身と自分のスキーに自信を持ち、レース前の数回のトレーニングセッションで奔走するようなことがないようにすることだと感じている。今シーズンはうまくセットアップしていくつもりだ」。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。