暑さを克服したのはペトラ・ヴルホヴァだけではない

サースフェー - 夏の暑さと氷河の融解により、ヨーロッパでは現在、合理的なトレーニングは事実上不可能である。例えば、サースフェーには、閉鎖後も実質的にフル稼働している唯一の氷河がある。ここスイスでは、ペトラ・ヴルホヴァが2022/23シーズンのスキーワールドカップ、あるいはワールドカップに向けて万全の準備をするために仕事を再開しています。

オーストリアのスラロームのスペシャリスト、カタリーナ・リーンスベルガーもいつかはワールドカップの総合優勝を狙っている。新コーチのリビオ・マゴーニとともに、暖かい季節にシュティルファー・ヨッホで何度もトレーニングを積んできたのだ。

ワールドカップで足場を固めて久しいニュージーランドの若きアリス・ロビンソンは、コロネット・ピークで、つまりはホームクライムで仕事を続けている。ブリージー・ジョンソンの朗報もある。ゆっくりとだが確実にベストフォームに近づきつつあり、90パーセントの力を発揮できる。この半年間の努力が報われたという。彼女は連盟が要求するテストに合格している。わかりやすく言うと、スピードのスペシャリストが完全にトレーニングすることを許可されたということです。まもなくスキーを履くことになる。

ローランド・ライティンガー選手(オーストリア)は、十字靭帯断裂から9ヶ月で再びトレーニングを行うことになりました。大回転のスペシャリストである彼は、チリまで遠征し、チームメイトと行動を共にする予定だ。OSVスラローム代表のクリスチャン・ヒルシュビュールは足首の再手術が必要で、海外遠征をスキップしているが、すぐに活動できるようになることを望んでいる。

昨冬のワールドカップで優れた総合優勝を果たしたスイスのマルコ・オーダーマットは、サースフェーで活動している。ヨーロッパでの雪不足のため、スイスはアルゼンチンへの長旅も行い、重要なトレーニングブロックの巻き返しを図ります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。