米国のスキーレーサー、ミカエラ・シフリンは、彼女の偉大なライバルであるスロバキアのペトラ・ヴルホヴァと同様、1ヵ月後の南米へのフライトを前にサースフェーで仕事をしている。

ワールドカップ総合優勝を果たした彼は、アルゼンチンでのトレーニングブロックの後、ソールデンに移動する予定だ。エッツタールでは、スキーワールドカップの新シーズンを最高の形でスタートさせたいと考えている。

シフリンは昨年の春と夏の両方を滑った。このところ、恋人のアレクサンデル・アーモット・キルドを伴ってハリウッドのESPYSに出席した後、ヨーロッパに帰国しています。




ジムで汗を流した後、雪上でのトレーニングに戻るのはとても気分がいい。スキー以外では味わえないこの感覚を味わうために、スキーをしているのだということを改めて実感した。





戻ってきたよ! 😘 🚡⛷💨
(追伸... ブーツ保護なしのスキーブーツを履いて歩くのはとてもむずかしい😬そんなことを習慣にしないで😅)