女子ワールドカップ:多くのビッグネームの準備に関する最新情報。膝の手術を受けた米国のスプリンターが、フルトレーニングのプログラムに参加することを許可されました。そして、ローランド・ライティンガー氏もチリ遠征からチームとともに出発する。

アルプスの氷河の状況を考えると、ナショナルチームのさまざまな技術スタッフが限界に達しているにもかかわらず、サーキットに取り組む時間があるのだ。

多くのトップレベルのアスリートは、この時期、ヨーロッパ以外の雪上でのトレーニングができないまま2年夏を迎え、戻ってくる海外遠征を前に(ほとんどの場合)ハードワークをしています。例えば、サースフェーで開催されるワールドカップに再挑戦するペトラ・ヴルホヴァの一人は、様々な閉鎖の後、実質的にまだフル稼働している唯一の氷河で、再び作業を開始したのである。

カタリーナ・リーンスベルガーは、新しいコーチ、リビオ・マゴーニとともに、夏にはすでに何日もゲレンデで過ごし、ステルヴィオの新しいブロックを完成させつつあるのだ。

アリス・ロビンソンもホームゲレンデであるコロネット・ピークで再開し、ブリージー・ジョンソンの復帰も近づいており、高速系種目には本当に良いニュースである。1月に負傷したばかりの膝を2月3日に手術した26歳のアメリカ人は、連盟が求める最終テストに合格したことをSNSで発表しました。「USスキーチームは、雪上に復帰する前に満たすべき非常に厳しい基準を設けています」とジョンソンは説明し、「(ジムでの筋トレなど)自己ベストの90%を達成しなければならず、この6カ月間の努力が報われたと言えるでしょう」と述べました。

フルトレーニングの許可が出たので、雪山に戻る前に最後の仕事をします」。

男性の領域では?オーストリアでは、ローランド・ライティンガーに朗報がもたらされた。『Kurier』が報じたように、彼は新たな十字架破断から9ヶ月を経て、すでに次のチリでのアウェイ戦でチームメイトと合流するはずである。回転スキーのクリスチャン・ヒルシュビュール選手は足首の手術を受けましたが、新シーズンの開幕には間に合いそうです。

最後にスイス・スキーからのニュースです。前回のワールドカップで優勝したマルコ・オーダーマットは、プラトー・ロサの閉鎖後、サースフェーのコンディションを利用して雪上トレーニングを再開しています。ワルター・ロイサー博士自身は、「(ツェルマット/チェルヴィニアのことを指して)8月中旬には気温が下がる見込みで、2〜3週間しか閉鎖されないという確信がある」と説明した。そして、スイスの戦隊も1ヵ月後にはアルゼンチンに行き、ヨーロッパの雪の状況を考えて、さらに重要な封鎖を行う予定である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。