スーパーGでアンドレアス・サンダーが勝利

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン - アンドレアス・サンダーは幸せになれる。2021/22年のスキーワールドカップの冬はやや困難だったが、ガルミッシュ・パルテンキルヘンでドイツ・スーパーGチャンピオンに輝いた。成功のためには、1.05,04分というタイムが必要だった。最終的にコンマ2秒遅れの2位で振り切ったのはS・ヨッハー。ロメッド・バウマン選手(+0.43)はカンダハールで3位となり、銅メダルを獲得した。サンダーにとって今日の成功は、スーパーGで2011年、2012年、2014年、2015年に続く5つ目のドイツ選手権タイトルであり、通算8つ目のタイトルとなった。

アンドレアス・サンダー:「今日のスーパーGでは、もう一度、本当に "パフォーマンス "をしたかったんだ。もちろん、次のシーズンに向けてのトレーニングや素材テストもすでに前面に出ていた。でも、今日はいいレースができたことも重要だった。非常に厳しい急勾配のコースを完璧に走れたわけではありませんが、非常に満足しています。この結果で夏休みに入ることができ、うれしいです。"

J・フェルスツルは4位に留まり、チームメイトから1.18秒遅れていた。マキシミリアン・シュワルツ(+1,44)がベスト5に入りました。

公式順位表:ドイツ選手権 男子スーパーG



エマ・アイヒャー、スーパーG優勝を喜ぶ

ガルミッシュ・パルテンキルヘン - スラロームの後、若いエマ・アイヒャーはスーパーGのタイトルも獲得した。今日、彼女はドイツ選手権のスーパーGで1.07,89分というタイムで優勝した。2位にはKatrin Hirtl-Stangasinger(+1.30)が振り切った。ルイザ・クラプロット(+1.61)が3位となった。

ナディーン・カプファー(+1.87)とロザリー・コッツ(+2.18)は4位と5位に入りました。ランクインしたのは16名のみ。外国人ワールドカップスキーヤーが大会を盛り上げただけでなく、先発の6人が完走できなかったのは不思議なことであった。アイチャーは気にしない、彼女はキラ・ワイドルの後継者としてふさわしい。