2021/22年アルペンスキーシーズンの終了と、アンドレアス・プエラッハとクリスチャン・ミッターの両ヘッドコーチの退任は、オーストリアスキー連盟の新時代の到来を告げるものです。アルパイン代表のヘルベルト・マンドルには、多くの仕事が待ち受けている。OSVのRoswitha Stadlober社長がこの変更を発表し、その後一貫して実行に移したかどうかは未解決の問題である。

連盟は、オリンピックシーズンが終わると契約は更新されないため、失効するとしている。このような人事になったのは、他の事情もあるのではないかという声も上がった。ただし、財務担当のパトリック・オートリーブやスポーツディレクターのトニ・ギガーの意見も重要です。

1990年代末にはヘルベルト・マンドルがミカエラ・ドルフマイスター、レナーテ・ゲッチュル、アレクサンドラ・マイスニッツァーを、その後ヘルマン・マイアーやステファン・エバーハーターらスピードメンを成功に導いた。60歳が頼りにしているのは、身内の人間である。プエラッハーの後任には、長年スラロームのコーチをしていたマルコ・ファイファーが、女子チームの責任者にはトーマス・トリンカーが就任した。ファイファーが自分の考えを持ち込んで、ジュニアの領域にも幅を持たせたいと考えているのに対し、トリンカーはレディースに勝利への強い意志と、自信に満ちた姿と精神力を要求しているのだ。

トレーニングの条件が整わなければならないことは明らかです。調整、再調整が必要なのです。そうやって、2つ以上の種目で良い結果を出せるアスリートを育てていきたいですね。必要な一貫性を備え、勝つための選手を育てたい。チーム・オーストリアの前途は多難であることがおわかりいただけると思います。